0

日系被爆者たちの声、心の傷跡【第2部】:核兵器廃絶訴え、平和への思い次の世代へ

広島と長崎、原爆犠牲者の追悼法要  「それは美しい夏の日の朝でした。74年前の8月6日、当時7歳だった私は2歳年上の兄とともに、爆心地から約0・6マイル(およそ1キロ)の場所で被爆しました」。小東京の高野山別院で4日に行われた記念法要にゲストスピーカーとして出席していた日系3世のハワード蠣田(かきた)さん(81)は、自らの被爆体験を当地の人々に伝える。核兵器廃絶を訴え、平和への思いを次の世代に語り継ぐ蠣田さんの被爆体験を聞いた。【吉田純子、写真も】

0

LA市長:地震アプリ、最新版発表

M4・5以上の揺れ、事前に通知  ロサンゼルス市のエリック・ガーセッティー市長は14日、LA郡でマグニチュード(M)4・5以上の地震が予測された際、事前に地震の到来を知らせる携帯電話アプリ「ShakeAlertLA」の最新版を発表した。【吉田純子】

0

日系被爆者たちの声、心の傷跡【第2部】:核兵器廃絶訴え、平和への思い次の世代へ

広島と長崎、原爆犠牲者の追悼法要  「それは美しい夏の日の朝でした。74年前の8月6日、当時7歳だった私は2歳年上の兄とともに、爆心地から約0・6マイル(およそ1キロ)の場所で被爆しました」。小東京の高野山別院で4日に行われた記念法要にゲストスピーカーとして出席していた日系3世のハワード蠣田(かきた)さん(81)は、自らの被爆体験を当地の人々に伝える。核兵器廃絶を訴え、平和への思いを次の世代に語り継ぐ蠣田さんの被爆体験を聞いた。【吉田純子、写真も】

0

サイプレスに20店目:好立地、アジア系をターゲットに

 日本で424店舗を展開し、カリフォルニアとテキサスを中心に米国でも出店を続ける回転寿司チェーン大手「無添くら寿司」(くら寿司)が11日、サイプレスに新店舗を開店した。サイプレス店は、米国進出第1号のアーバイン店(2009年)から数えて20店目、カリフォルニアでは11店目にあたる。

0

高野山別院で米国「デビュー」:「美 少年」の6人、二世週祭で笑顔

 二世週祭で旋風を巻き起こしたジャニーズJr.のアイドルグループ「美 少年」。10日にノグチプラザで顔見せのミニコンサートを開いたメンバー6人は、翌11日にはグランドパレードでさわやかな笑顔を振り巻いた。同夜はまたジャニーズ事務所に縁のある高野山別院でコンサートを催し、米国「デビュー」を飾った。

0

鈴木弘子「最後の戦い」へ:闘志尽きるまで

 米女子プロアメリカンフットボール「WNFC(Women’s National Football Conference)」の第8週が25日、全米各所で行われた。鈴木弘子が所属するサンディエゴ・レバリオンは、サンディエゴ・サージをホームのバルボア・スタジアムに迎え戦い、27―47で敗れた。今季3敗目(2勝)を喫したチームは、自力プレーオフ進出のチャンスを失った。

Nor Cal News
Life & Arts