ダウンタウンで公開中の二作品を手掛けた映画監督

0

1979年、高知市生まれ。二十九日まで「ダウンタウン・インディペンデント」劇場で公開される2作品「PORNO」と「I'll Be There With You」は自信作

1979年、高知市生まれ。二十九日まで「ダウンタウン・インディペンデント」劇場で公開される2作品「PORNO」と「I'll Be There With You」は自信作

北村昭博さん
きたむらあきひろ

高校二年の文化祭で披露した長編映画を制作の原点とし、撮る毎に自信をつけた。家族と訪れたロサンゼルス。朗らかなUCLAの学生と自由な空気が漂うウエストウッドの町並みに魅せられ渡米を決心した。

ハリウッドを目指し、映画学校で演劇と監督術をじっくりと七年掛けて修得。「自分が一番」だと自己主張する個性豊かな映像クリエーターや役者たちに刺激を受け、「下克上」(北村さん)という戦国の映画界を勝ち抜くのに懸命だ。

信念の「映画は長編」を貫く。「映画は芸術でありビジネスでもある。短編は商売にならない」と言い切り、短編を一本限りで早々と卒業。長編の処女作が認められ、二作目の予算は十倍の二十万ドルになり、長編制作の正当性を実証した。

脚本、監督、役者(主役)に加え一昨年、制作会社を立ち上げ、一人四役をこなすという多彩な才能を発揮する。一つに絞った方がいい、との周囲の声をよそに、「若い時にしかできないこと」と青春を謳歌する。

体を張って演技する日本・アジア人だが、いつも脇役でキスシーンなどとは無縁。「役者は白人だけのものであってはならない。人種の壁を壊すのは自分である」と執念に燃える。多様な人種をミックスさせた配役で「融合」を表現。同じ境遇というオバマ大統領を選挙期間中から応援して勇気づけられた。

メディアに対し「自分は天才だ」と、豪語する半面、「映画は一人では作れず、いろんな人たちから投資してもらっている。自分だけのものではない」と協調性を重んじる。スタッフには「こいつに付いていこう、と思わせ」、求心力を発揮する。

今回が自身初の劇場公開作品。気になる反応を見るため劇場に毎日足を運んでいる。客と語らい生の声を映画作りの糧にしたい。心に残る映画を作るのが目標。「魂を込めて思いをフィルムに焼き付けるのが自分の仕事」―真剣勝負が続く。(永田潤、写真も)

Tags

Share.

Leave A Reply