Jack Richter

0

ロサンゼルス市警(LAPD)で昨年暮までの2年間にわたり小東京地区を担当し、公務のみならず個人的にも日系地域社会に深くかかわり任務を離れた白人警官ジャック・リクター氏がロサンゼルス市と南加日系商工会議所、日米文化会館、小東京実業者組合から功績を称える表彰を受けこのほど、日米文化会館のガーデンルームで式典に臨んだ。

ロサンゼルス市警(LAPD)で昨年暮までの2年間にわたり小東京地区を担当し、公務のみならず個人的にも日系地域社会に深くかかわり任務を離れた白人警官ジャック・リクター氏がロサンゼルス市と南加日系商工会議所、日米文化会館、小東京実業者組合から功績を称える表彰を受けこのほど、日米文化会館のガーデンルームで式典に臨んだ。

ロサンゼルス市警(LAPD)で昨年暮までの2年間にわたり小東京地区を担当し、公務のみならず個人的にも日系地域社会に深くかかわり任務を離れた白人警官ジャック・リクター氏がロサンゼルス市と南加日系商工会議所、日米文化会館、小東京実業者組合から功績を称える表彰を受けこのほど、日米文化会館のガーデンルームで式典に臨んだ。

リクター氏は、小東京地区で治安・交通関係の責任者として活動。さまざまな地元の年中行事に積極的に参加し、地域社会との交流に努め良好な関係を構築した。まじめで温厚な性格は皆に好かれ、カラオケ同好会に招待されては十八番の「マイウェイ」を熱唱し自慢ののどを披露、元日の祝賀イベントには紋付袴を身にまとうなど社会に溶け込んだ。

年始の人事異動によりリクター氏は、ウィリアム・ブラトン本部長直属でコミュニティー関連を担当している。持ち場は変わったが、小東京コミュニティーのメンバーと個人所有の携帯電話で連絡を取り合うまでの親密な関係は今後も続くという。

表彰式でリクター氏は2本のレイを首に掛けられ、上司であるテリー・ハラ副本部長や各団体の代表が述べた祝辞に、2年間の任務を振り返り感慨深げに聴き入った。

ハラ副本部長は、「小東京コミュニティーに入り込み、才能を発揮し職務に誇りを持って全うした」と称賛。「小東京地区の担当で身に着けた経験を次で生かしてほしい」とエールを送った。

リクター氏と小東京のコミュニティーメンバー

リクター氏と小東京のコミュニティーメンバー

小東京防犯協会のブライアン・キトウ会長は、同氏を「リトルトーキョーを束ねて引っ張ってくれた。交番にも訪れていつもわれわれを気に掛けてくれた」と評した。「きめ細かい血の通った仕事をしてくれた」と語った半田俊夫・南加日商会頭。「いい前例を作ってくれた」と敬意を表し、リクター氏の後任の活躍に期待を寄せている。

「コミュニティーとのいい関係を築くことを心掛けた」と語るリクター氏。盆祭りや二世週祭などに参加したことで、それまで無知だった日本文化にも興味を持つようになった。一番嬉しいことは、当初は「リトルトーキョーの人々」だったのが個人的に付き合うようになり「マイフレンド」になれたことだいう。「一人の警官に心を開き、温かく迎えてくれた日系社会に感謝したい」。

【永田潤、写真も】

Tags

Share.

Leave A Reply