2WJDがソーテルにオープン:アーバン系初のポジティブブランド

0

色とりどりのTシャツ

色とりどりのTシャツ

 オーナーの織部しほさんが自らデザインした服や靴、ジーンズ、各種アクセサリーを取り揃えた「2WJD」がこのほど、ウエストロサンゼルスのソーテル通りにオープンした。
 2WJDは、ネガティブばかりのアーバン系の中で初めてポジティブブランドをコンセプトに2006年にスタート。これまでは店を持たず、米系の各有名ブランドを顧客に持ち卸していたが、日系・アジア系にも2WJDのよさを知ってもらおうと、日系のレストランや商店が多く集まるソーテルに第1号店を出店することを決めた。
小さい頃からの夢を叶え、店を持った織部さん

小さい頃からの夢を叶え、店を持った織部さん

 特徴の「アーバン系だが、すべてデザインはポジティブでオリジナル」が人気を博し、ネット販売や口コミで個人の顧客も増やし支持を受けてきた。グラフィックデザインは音楽やアートに基づき、ヘッドフォンやグラフィティなど、ポジティブなフュージョンをオリジナリティとする。
 品揃えはユニセックスもあり、男性のみならず女性層にも広がりをみせる。年齢層は幅広く、小中学生もおり30代後半から40―50代のミセスにも愛用されている。アメリカ人の常連客が多い中、アジア人の体系に合わせたサイズも扱う。
 織部さんは福岡出身。幼少からファッションに興味を持ちハイエンドのブランドを勉強してから、2001年に渡米。大学ではファッションデザインとファッションマーケティングを専攻した。作品は、映画俳優のジャッキー・チェンやアーティスト、パフォーマーから高く評価され、それらのオリジナルデザインを手掛けている。
グランドオープニングでのファッションショー

グランドオープニングでのファッションショー

 グランドオープニングでは、2WJDの衣装を着たファッションショーが開かれ、2WJDならではの着こなしが紹介された。モデルを務めたアーティストがパフォーマンスを披露、多彩なエンターテインメントで2WJDの門出を盛大に祝った。
 2WJDは、アーバンポジティブのライフスタイルを提案する唯一の店として各種イベントを企画しネットワークの場として店を提供する予定。織部さんは、「個人美をもっと輝かせることのできるお店で、お客さんのユニークなリクエストにも応え日々努力したい」と、意欲を示し「学生などがんばっている人たちを応援し、出会いの場にしたい」と抱負を述べた。
Brand Concept「2WJD」
1838 Sawtelle Blvd. Los Angeles, CA 90025
310-817-4385
[email protected]
www.2WJD.com

Share.

Leave A Reply