日米文化会館:日本庭園の再開記念し式典

0

上杉さんの案内で園内ツアーに参加した人たち

上杉さんの案内で園内ツアーに参加した人たち

 日米文化会館は11月8日、日本庭園「清流苑」の再開を記念した式典を催した。「コミュニティーが集う庭園」というコンセプト通り、日系社会を中心に約200人が参加し賑わい盛大に祝った。
 庭園は2月からすでに一般に開放されてきたが、ガーデンルームとの調和がよく取れ、美観と機能性を実現させたことから人気が高い。各種のイベントに利用されるため空きが少なく、同日晴れて式典を迎えた。
 園内ツアーを開き、庭園をデザインした上杉武夫さんがガイドを務め、各所の説明に当たった。多くの参加に胸を打たれた上杉さんは「光栄で感謝の気持ちでいっぱい。庭はみんなの宝である」と力を込め、設計者冥利に尽きる至福を味わっていた。
 庭園の改修費は州、市、複数の財団から助成金が出た上に、日系社会からは数種の樹木や花の寄付、剪定、作業奉仕など熱い思いがいっぱいに詰まっている。
 開園を喜ぶ式典参加者の志々田むつさんは庭園隣に建つ小東京タワーズに住み、早朝に庭を眺めることを日課とする。志々田さんはお茶の先生であり、庭が野点に向いていると話した。その言葉通りに、庭園は深まる芸術の秋にますます利用され、日本文化振興に貢献しそうだ。
 庭は会館の開館時間には、一般に無料で開放されている。日本庭園については日米文化会館まで、電話213・628・2725。
 www.jaccc.org
【永田潤、写真も】

Share.

Leave A Reply