Jウオーカー取り締まり:罰金191ドル

0

 ホリデーシーズンを迎え、ロサンゼルス市警察(LAPD)は30日、歩行者を巻き込む交通事故や万引きなどの犯罪の防止を目的に、交通規則や信号を無視して街路を横切る歩行者(通称ジェイウォーカー=Jaywalker) の取り締まりを徹底すると発表した。
 LAPD当局によると、特にダウンタウン地区では毎年ホリデーシーズンになると犯罪件数が増加。ロサンゼルス全域で起こる主要犯罪の約4分の1がダウンタウン地区で発生している。頻発する窃盗やひったくり、スリ、車上荒らし、強盗などの犯罪を防ぐため、徒歩によるパトロールを強化している。
 こうした犯罪の多くは、犯人が逃走する際、交通規則を無視して道路を横断することが多いため、取り締まりを強化することで市民を犯罪から守ることが期待できるとしている。前年同時期には、車との接触事故で歩行者1人が死亡、2人が重傷を負っている。
 交通規則を無視して道路を横断した場合の罰金は191ドル。LAPDのポール・バーノン警部補は「ジェイウォーキングは非常に危険だし、罰金も決して安くはない。歩行者は街路を横切っていいのかどうか、自分によく言い聞かせる必要がある」と警告している。
 また買い物客は身の回りの手荷物に注意し、車内には貴重品、特に電子機器類や購入した品物、ギフト類は車内に残さず、必ず鍵をかけるよう注意を呼び掛けている。
 LAPDは運転中の違反、駐車違反など、交通規則に違反した罰金を軒並み引き上げており、ジェイウォーキングも例外ではない。このほか、駐車メーターの時間超過は昨年から50ドルに引き上げられ、また、ブレーキライトの故障など、比較的軽い違反に対しての罰金も倍額以上に引き上げられている。

Share.

Leave A Reply