世界の大学ランキング、英高等教育専門誌が発表:カリフォルニア工科大1位、初めてハーバード大抜く

0

世界大学ランキング1位に選ばれたカリフォルニア工科大学の校門の一つ

 英国の高等教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(Times Higher Education)」がこのほど発表した世界大学ランキングで、カリフォルニア州パサデナ市にあるカリフォルニア工科大学(通称CalTech)がハーバード大学を抜いて初の世界大学ランキング1位に選ばれた。
 同誌はタイムズ紙が毎年秋に発行し、教育環境、研究関連予算、教員一人当たりの論文被引用回数、教員の出版物、外国人教員・学生の割合、研究成果などをもとに審査を行っている。
 同大学に次いで2位に選ばれたのはハーバード大学とスタンフォード大学、4位がオックスフォード大学(英国)、5位プリンストン大学、6位ケンブリッジ大学(英国)、7位マサチューセッツ工科大学(MIT)、8位インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)、9位シカゴ大学、10位がカリフォルニア大学バークレー校(UCB)となっている。
 2004年の発行以来、毎年ハーバード大学が1位に選ばれていたが、今年はカリフォルニア工科大学に1位の座を譲る形となった。昨年のカリフォルニア工科大学の順位は2位。
 同大学で化学を教えるジャクリーン・バートン教授は今年、米大統領から化学、工学、物理学などの分野におりてその功績と貢献が認められた人物に送られるアメリカ国家科学賞を受賞しており、同大学のランキング1位獲得に貢献した。
 今年の統計結果について同誌の編集者は「ハーバード大学の教育水準が下がったのではなく、カリフォルニア工科大学がわずかに突出したため」と述べている。
 カリフォルニア州の大学で上位100位以内にランクインしたのは、UCLA(13位)、UCサンディエゴ(33位)、UCサンタバーバラ(35位)、UCデービス(38位)、USC(南カリフォルニア大学・55位)、UCアーバイン(86位)。
 日本の大学では東京大学の30位が最高で、香港大の34位を上回ってアジアトップに返り咲きを果たした。続いて京都大学が52位でアジア5位、東京工業大が108位でアジア10位だった。世界200位までに入ったのは、大阪大119位、東北大120位だった。
 カリフォルニア工科大学はMITと並び工学、科学分野の研究を専門とする私立大学で、大学院を含めた学生数はおよそ2200人(学部生・約900人、大学院生・約1300人)と他の大学に比べ少ないのが特徴。同大学出身者や教員の中にもノーベル賞受賞者が多いことでも知られている。アメリカ 航空宇宙局(NASA)の技術開発に携わるジェット推進研究所 (JPL) があることでも有名。  

見事なスパニッシュ様式のParsons Gates Hall of Administration は1917年に建てられた由緒ある建物

Share.

Leave A Reply