アイソ通り駐車場:12月12日に仮オープン

0

 小東京コミュニティー協議会(LTCC)の駐車場委員会によると、このほど1街とジャッジ・アイソ通り角に完成した300台収容の地下駐車場「アイソ通り駐車場」(101 N. Judge John Aiso St.)が12月12日、仮オープン(ソフト・オープン)をすることが決まった。正式オープンは当初の予定通り2012年だが、仮オープンにより年末年始に小東京を訪れる人や地元ビジネスにとっては朗報となった。
 LTCCは長年にわたり、今コミュニティーに必要なのは「安価で停められる短期利用客を視野に入れた駐車である」と、市交通局やジャン・ペリー市議事務所と度重なる協議を続け、「1時間1ドル駐車場」の完成に至った。LTCCの岡本雅夫議長は、「これまで、『リトル東京には駐車場がないから』と、足が遠のいていた人たちに大きな声でこのメッセージを伝えたい。そして、皆さんが積極的に利用してくださることで、この駐車場の地域に対しての意義を定着させたい」とオープンを喜んだ。
 夕方5時以降は、フラットレートで3ドル。小東京の各レストランや商店、イースト・ウェスト・プレイヤー劇場、ビジュアル・コミュニケーション、日米文化会館、全米日系人博物館などでの催し物への参加も便利になる。
 一方地上部分に建設された、戦後の小東京都市計画および再開発のリーダーであったユニオン教会のトリウミ神父の業績をたたえた「トリウミ・プラザ」はすでに公開されている。
 駐車場の料金は、1時間目が1ドル、2時間目も1ドル、3時間目から3ドル、4時間以降は1時間6ドル、または15分ごとに1ドル50セント。終日料金は14ドルで、夕方5時以降はフラットレートで3ドル。
 営業時間は、月曜日から木曜日が午前6時から翌日午前0時、金曜日は午前6時から翌日午前2時、土曜日は午前9時から翌日午前2時、日曜日は午前9時から午後10時までとなっている。

Share.

Leave A Reply