グレンデール市の住宅街にまた熊!

0

 グレンデール市近郊の住宅街で9日夜、およそ500パウンド(約227キロ)の熊が出没し、地域住民を驚かせた。
 熊が最初に目撃されたのはグレンデール市のフランクリン・ストリートとロウエル・アベニュー付近。その後フットヒル・ブルーバード沿いの駐車場でも目撃された。
 午後11時に通報を受けたグレンデール市警察が現場に駆けつけてみると住宅街をさまよい歩く巨大な熊を発見。あとを追跡し監視していたが、しばらくすると熊はおとなしく丘のほうへ帰っていったという。けが人などは出ていない。
 同地域はエンジェルス国立森林公園の南方に位置し自然も多いことから、熊が出没するのはめずらしいことではないという。
 熊が住宅街に現れるのは、12月ごろから始まる冬眠にむけ、ドングリや果実などを探して移動しているうちに山のそばにある住宅街に迷い込んでしまうのだという。
 警察当局は、熊を寄せ付けないためにもごみなどは外に放置せず、ペットや子どもは屋外に出さないよう注意を呼び掛けている。
 

Share.

Leave A Reply