LAPD:車窃盗犯を射殺

0

 23日にサンバナディノとイースト・ロサンゼルスの2カ所で車の窃盗事件を起こし、その後盗んだ車で逃走していた男が、コリアタウンのガソリンスタンドでロサンゼルス市警察(LAPD)の警官によって射殺された。
 犯人はイースト・ロサンゼルスで65歳の男性を拳銃で脅して車を盗み、ロングビーチフリーウエー、ポモナフリーウエー、ハリウッドフリーウエーを通過、サンセット・ブルバード、今週末にアカデミー賞が行われるハリウッド・ブルバードなどの一般道を通り、ウィルシャー・ブルバードとバーモント・アベニューの交差点にあるガソリンスタンドに行き着いた。
 LAPDのパトロールカー5台が逃走中の犯人の車を追跡、ガソリンスタンドで犯人の車が停車すると、警官は給油中の人たちに地面に伏せるよう叫んだ後、店内の人びとに銃口を向けようとした犯人めがけて一斉に10発以上を発砲。犯人はその場で死亡した。
 犯人は20歳前後のヒスパニック系の男で、名前は公表されていない。 

Share.

Leave A Reply