栃木県人会新年会:佐藤会長が6年目留任

0

参加者全員で記念撮影。前列右から3人目が佐藤会長

 南加栃木県人会(佐藤芳江会長)が2月26日、ガーデナ市のSea Empress Seafood Restaurantで新年総会と親睦会を開催した。南加県人会協議会の岩下寿盛会長を来賓として迎え、およそ30人の会員が集まるなか、昨年の同会の活動を振り返るとともに、今年もさらに会員同士が協力して会を盛り上げていくことを誓い合い、親睦を深めた。

あいさつに立つ佐藤会長

 今年6年目の留任となった佐藤会長があいさつに立ち、「昇り龍にちなみ、今年はさらに会を大きくしていきたい」とし、昨年20周年の節目の年を迎えたことを振り返り、「まだまだ若い会だが、これから徐々に成長させていきたい。若い会員も入ってきているので、積極的に運営にも携わってもらいたい」と力を込めた。
 毎年恒例の行事に加え、会員にアンケートをとり、希望を取り入れながら皆が楽しんでもらえるような行事をこれからも増やしていきたいと意気込む。
 職場の同僚から同県人会のことを聞き2年前に入会したという宇都宮市出身の川堀茂宣さん(29)は役員として、また同会の若い世代の代表としてイベント運営に携わっている。
 在米7年になるが1度も日本に帰省しておらず、「故郷に帰ったような気持ちになれる」と、新年会をはじめ同会のイベントに出席し、同郷人との交流を楽しんでいる。「同年代や若い人たちの会員増加に貢献していきたい」。そう語る若者の姿を、先輩らは微笑ましくそして誇らしげに見つめていた。
 今年の新年会にはゲストとしてロスアラミトスで整形外科医院を営む水口外茂次医師が招かれ、体の不調解消のための相談会が行われた。
 同会に入会して8年目になるという松田佳子さんは、数週間前から腰の痛みを引きずっていることを同医師に相談。「ちょうどカイロプラクティックに行こうと思っていたので、タイミングよく先生に相談することができた」と語り、体の不調の原因がわかったことで満足そうな様子。
 食事のあとの余興ではラッフル抽選会が行われ、栃木県の地酒のほか、同会顧問で元フランス料理シェフの佐藤了さんお手製のバナナブレッドやフルーツケーキも賞品として配られ、会員らは同郷人との交流を心行くまで楽しんだ。【吉田純子、写真も】

Share.

Leave A Reply