震災支援を「ありがとう」―神楽など伝統音楽披露:トモダチに感謝を表現 

0

聴衆を幻想的な世界へ導いた「涌水神楽」

 東日本大震災の米国からの支援に対し、日本の伝統音楽で感謝の意を表すコンサート「ありがとう・フロム・ジャパン」が2日夜、ロサンゼルス・ダウンタウンのミュージックセンターで開かれた。感謝の気持ちを神楽と太鼓、唄などで表現し、災害救助を遂行した軍と復興支援を継続する民間の「トモダチ」との絆を強めた。
 約1400人が参加したコンサートは無料で行われ、在ロサンゼルス日本国総領事館と国際交流基金LA日本文化センターの共催。冒頭のあいさつで新美潤総領事は「日本は一人ではなく、世界の国々から励ましの言葉をもらい助けてもらった。ロサンゼルスと米国軍からも緊急支援をもらい感動した」と述べ、地元から訪日し救援活動を行ったヒーローの活躍を称えた。伊藤実佐子LA所長は、同公演が世界ツアーとして開かれ、当地を皮切りにニューヨーク、パリ、上海など3カ国計8都市を回ることを紹介し「世界の『トモダチ』に感謝の意を示すため」と意図を説明し、参加者に犠牲者へ捧げる黙とうを促した。

鬼太鼓座の力強い太鼓演奏

 演奏前に支援への感謝を伝える被災者からのビデオが流された。建物が激しく揺れ室内の物が落下する地震の後、大津波が町を飲み込む。がれきの山々の中、避難所や仮設住宅で懸命に生きる人々に支援の手が差し伸べられた。
 軍艦20隻、航空機140機、海兵隊1万9703人を動員し、負傷者の救出、避難所への慰問などを行った「トモダチ」作戦を展開する米軍の支援活動を紹介。国内外の支援を得て、道路や空港などが復旧し、元の町の姿を徐々にではあるが取り戻していった。
 世界の人々が祈り、各国から支援物資や義援金が届いた。物心両面で支えられた被災者が登場。脱帽し「ありがとう、ありがとう」と幾度も頭を下げ、感謝の念に絶えない様子。家族や友人など多くを失ったのであろう。中には感極まり言葉を詰まらせ、涙ぐむ女性もいた。「皆さんのお陰で救われた」「たくさんの愛と勇気をありがとう」「前に進んでいきます」などの思いを伝えた。
 JETプログラムで滞日していた米国人英語教師テイラー・アンダーソンさんは、子どもたちを先に避難させその後、津波の犠牲になった。生前の思い出を振り返りながら教え子たちは「テイラー先生、ありがとう」と、天国の恩師に捧げた。
 公演では、被災地岩手から参加の「涌水神楽」は、伝統衣装に身を包み、太鼓と鉦、舞踊で幻想的な世界へと導いき、世界各所で公演するプロの和太鼓集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」は、勇ましく力強い演奏を披露。サックスやトランペットとのコラボレーションも見られた。地元カルバーシティ中学の生徒は、この日のために自分たちで作った竹製の(和)楽器を叩いて、拍手喝采を浴びた。
 サンタアナから参加したウォレコ・ローゼンバーグさんは、京都と東京で暮らしたことがある大の親日家。日本での5年間は、大手企業を相手にシステムソフトウエアの販売を行ったり、医者に英語を教えたりした。震災支援では、寄付を国際交流基金を通して送った。この日のビデオを見て「涙が出ましたねー」と話し、銀閣寺近くに住んだ当時を懐かしんだ。「広島と長崎が再生したように被災地は必ず甦る」と力を込めた。伝統楽器の演奏に聴き入り「とてもユニークでセンセーショナルだった。世界を平和にしてくれるような音楽で、言葉がないほどすばらしかった」と絶賛した。
【永田潤、写真も】

手製の楽器で演奏する地元の子どもたち

Share.

Leave A Reply