プロアメフット:和久選手が1次テスト合格

0

敏な動きで相手のブロックをかわす和久選手(左)

素早い身のこなしが和久の真骨頂

 日本の社会人アメリカンフットボール、Xリーグの「アサヒ飲料チャレンジャーズ」に所属する和久憲三(わく・けんぞう)選手が、このほどサンタモニカで行なわれたカナディアンプロフットボールリーグの「BCライオンズ」のトライアウトに臨み1次テストをパスした。
 和久は、本場アメリカでプロ選手となるべく、2010年から全米各地のトライアウトに挑戦。昨年は初挑戦とあって、慣れない英語やコンディションの維持に苦戦した。その経験を踏まえ、日本ではトレーニングと英語の勉強をするとともに、Xリーグで試合をこなしながら自慢のテクニックにより磨きをかけた。
  その結果、昨年は、インドアプロフットボールチーム「コロンバス・ライオンズ」のトライアウトに合格。ビザ発給が遅れシーズン終盤での合流となったが、リーグ最終戦で念願のプロデビューを果たし、サックやタックルの記録も残した。
 カナディアン、インドアとも、NFLとは若干ルールが違うが、和久にとっては大きな問題ではなかった。昨年度優勝のBCライオンズのトライアウトに迷うことなく挑み「今年は世界でナンバー2のリーグと言われるカナディアンフットボールに挑戦し、自分の可能性にかけたいと思った」

相手を翻弄する和久選手(左)。トレーニングの成果を発揮した

 今回のトライアウトは、40ヤード走、シャトルランなどタイム計測、ポジション別のスキルテストが行なわれた。和久は小柄なハンディを持ち前の素早い身のこなしでカバーし「トレーニングを積み、記録も上がった。自分の現在のベストが出せたと思う。スキルでも良いところをアピールできた」と胸を張った。
 ウォーリー・ブオノ・ゼネラルマネジャーは和久について「クイックネス、技ともすばらしい」と高く評したが「ラインマンとして小さな体をカバーできるかどうか、彼の試合ビデオを見たい」と慎重に話し、5月のキャンプインまでに獲得を決めるという。和久は日本のチームに合流し、調整を続けながら吉報を待つ。

トライアウトは138人が参加し、和久選手はディフェンスラインとしてテストを受けた

Share.

Leave A Reply