USC付近:銃所持の男が強盗

0

 
 
 南カリフォルニア大学(USC)付近で18日未明、強盗事件が発生。通報を受け駆けつけた大学警察が容疑者に向けて発砲し、容疑者は足を負傷。身柄を拘束された後、近くの病院に運ばれた。
 事件は同日午前0時半頃に発生。同大学に通う女子学生1人と男子学生3人が28街とフィゲロア・ストリート付近を歩いていたところ、容疑者が銃で4人を脅し、所持品を盗んで逃走した。
 通報を受け、容疑者の行方を負っていた大学警察は間もなく容疑者を発見。容疑者が銃を持っているのが見えたため、発砲したという。容疑者の名前はジェレミー・ヘンドレック(24)。コンプトン市に拠点を置くギャングのメンバーだという。
 同エリアでは先週11日、同大学に通う中国人留学生が何者かに射殺されるという事件が発生したばかり。今回の事件現場は先週の現場から数ブロックしか離れていないこともあり、捜査当局はヘンドレック容疑者と先週の事件との関連性も調べているという。 

Share.

Leave A Reply