メトロレール接続:小東京で設備工事開始

0

小東京で行われる設備工事について説明するメトロの工事管理局のダン・コモレさん


 ロサンゼルス・ダウンタウンのメトロセンター駅と小東京間1・9マイルをつなぐメトロのリージョナルコネクター事業(メトロレール接続)に伴う設備工事が、早ければ来月3月から小東京で始まる。これを受け、メトロは19日、コミュニティーメンバーを集めた説明会を日米文化会館で催し、理解と協力を求めた。
 同事業に伴う設備工事は3段階に分けて行われる予定で、この日は1段階目のAT&Tによる電話線の移動工事についての説明があった。
 メトロによると、AT&Tによる工事は、早ければ3月中旬から小東京のセントラルと1街の角から開始され、アラメダと1街の角に向かって1街上を移動しながら、約4、5カ月間続くという。工事期間中の周辺ビジネスや商店への影響を考慮し、道路や歩道の閉鎖は一切行わず、必要に応じて車線を縮小することで対応するとしている。
 また、工事を行う時間帯についても説明があり、平日は午前9時から午後3時半まで、土曜日は午前8時から午後8時まで、日曜日は午前11時から午後6時の予定で、夜間の工事は行わない。しかしメトロは、平日のピーク時(午後3時半から9時)の工事も行えるようコミュニティーに依頼。これにより工事期間を20%短縮できると説明した。
 メトロの説明では7月末ごろまでには工事が終わる予定だが、二世週祭が8月に予定されており、工事が長引いた場合、パレードなどに大きな影響を及ぼすとしてコミュニティーから懸念の声が上がり、メトロにあらためて予定期間内に工事を終わらせるよう訴えた。
【中村良子、写真も】

Share.

Comments are closed.