ラグビー日本代表が最終調整:米国戦に向けセットプレーなど

0

前日練習に励む日本代表のメンバー

試合前日の練習に励む日本代表のメンバー

 IRBパシッフィック・ネーションズカップ参戦のため北米遠征中のラグビー日本代表は、第2戦の米国代表とのテストマッチ(14日午後7時半、カーソン・スタッブハブ・センター)を前日に控えた13日午後、試合会場のフィールドで練習を行った。米国代表も同日午前、同じフィールで練習し、両チームはともに約1時間汗を流し、セットプレーなどを確認して最終調整に努めた。

キックオフされたボールをキャッチする日本の練習

キックオフされたボールをキャッチする日本の練習

 同カップ第1戦で日本代表は7日、カナダ代表とカナダで対戦し、34ー25で逆転勝利を収め(テストマッチの連勝は8)、好調を持続し米国戦に臨む。日米は、来年のワールドカップ(W杯)で対戦することになっている。世界ランキングは、日本が12位、米国は18位。
 米国戦に向け、日本のエディー・ジョーンズ監督は、日本のトップリーグでプレーする主将トッド・クレバーなど3人を警戒しながら「前半の30分のフィジカルプレーで耐えて、後半50分はいいセットプレーを決めて、日本の持ち味を出すボールを動かすラグビーをしたい」と抱負を述べた。米国のマイク・トーキン監督は、日本について「鍛え抜かれ、ダイナミックなプレーをし、ゲームプランがしっかりしている」と評し「日本の豊富な運動量に負けないくらいに、われわれは速く動かなければならない」と対策を練る。来年のW杯で互いに対戦するが、「ワールドカップは来年のことで、話すのはまだ早い」などと、両監督とも今大会に集中する考えを示した。
 ラグビーは、2016年のリオデジャネイロ五輪で、7人制が正式種目となる。来年は第8回ワールドカップ英国大会が開かれ、19年の第9回大会は日本で開催される。
 14日の日本―米国戦のチケットは、15ドルから100ドル。
 www.aegtickets.com

 ▽日本代表メンバーは次の通り
1 三上正貴
2 堀江翔太
3 畠山健介
4 伊藤鐘史
5 トンプソン・ルーク
6 ジャスティン・アイブス
7 リーチ・マイケル(C)
8 ホラニ龍コリニアシ
9 田中史朗
10 立川理道
11 福岡堅樹
12 田村優
13 マレ・サウ
14 山田章仁
15 五郎丸歩
16 平島久照
17 木津武士
18 山下裕史
19 真壁伸弥
20 大野均
21 ヘンドリック・ツイ
22 日和佐篤
23 廣瀬俊朗

日本のエディー・ジョーンズ監督が警戒する1人、米国のトッド・クレバー(中央)

日本のエディー・ジョーンズ監督が警戒する1人、米国のトッド・クレバー(中央)

Share.

Leave A Reply