新女王にニシナカ―リオンさん:「日系社会の橋渡しをしたい」

0

二世週祭コロネーションボウル

2014年度女王とコート。左からティファニー・ハシモト、ミス・トモダチのアシュリ・アリカワ、女王のトーリ・ニシナカ・リオン、ファースト・プリンセスのリンジー・スギモト、ドミニク・マシュバン、メリサ・コゾノ(敬称略)

2014年度女王とコート。左からティファニー・ハシモト、ミス・トモダチのアシュリ・アリカワ、女王のトーリ・ニシナカ・リオン、ファースト・プリンセスのリンジー・スギモト、ドミニク・マシュバン、メリサ・コゾノ(敬称略)

第74回二世週祭のコロネーションボウルが9日夜、アラタニ劇場で開催され、6人の候補者の中から選ばれたパサデナ日本文化会館推薦のトーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオンさん(24)が新女王に輝いた。ファースト・プリンセスにはウエストロサンゼルス日系市民協会とベニス日系コミュニティーセンター推薦のリンジー・エミコ・スギモトさん(22)、ミス・トモダチは米国日系レストラン協会推薦のアシュリ・アケミ・アリカワさん(23)が、それぞれ選出された。

昨年度の女王ローレン・イワタさん(右)からティアラを被せてもらうトーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオン新女王

昨年度の女王ローレン・イワタさん(右)からティアラを被せてもらうトーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオン新女王

候補者は、この夜の本番に向け専門家から指導を受け、日本語、生け花、茶道、着物の着付け、日本舞踊、歩き方、スピーチ、メイクアップなどを習得した。晴れの舞台では、各演技に合わせて衣装替えし、和服姿で日本舞踊を踊ったり、軽快な音楽に乗って、テンポの速い息の合ったダンスを披露し、拍手と大きな声援を浴びた。
コロネーションボウルの司会は、女優のタムリン・トミタさんと、ABC7「Eyewitness News」のアンカーのデイビット・オノさんの黄金コンビが務め、会場の笑いを誘いながらショーを盛り上げた。エンターテインメントは、R&Bバンド「Earth Wind and Fire」の元メンバーのシェルドン・レイノルズとそのバンドグループ「Devoted Sprits」がステージに上がり、華やかなショーを演じて魅了し、イベントに花を添えた。
女王に就いたニシナカ―リオンさんは、スピーチで、初めて参加したパサデナ仏教会の盆祭りがきっかけで、日系社会に入ったことを紹介した。盆踊りの輪の中には恥ずかしくて、なかなか入れなかったというが「思い切って飛び込んで踊った。その時に日系社会の一員になれたと実感した。日系社会は見知らぬ私を歓迎してくれた」と感謝し、日系人の文化と歴史を継承することを誓った。

晴れて女王となり、ステージを一周するトーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオンさん

晴れて女王となり、ステージを一周するトーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオンさん

ニシナカ―リオンさんは、公開質問でも堂々と答えた。「とても活発で多様性のある小東京のコミュニティーで、人々に日系人の文化と日系史に興味を持たせるには、どのようにすればいいのか」の問いに対し「二世週祭は、日系人の文化を祝うだけでなく、イベントに積極的に参加することで、社会は強固になる」と、伝統の祭りの重要性を説き、聴衆と審査員の心を捉えた。
自身の名がアナウンスされた新女王決定の瞬間は「まさか選ばれると思わなかった。他のコートも一生懸命練習し、ベストを尽くしたので、みんなが女王になる価値があると思う」と、女王に就任した第一声を発した。パサデナ日本文化会館とセンテナリー合同メソジスト教会の大応援団の後押しを受け「家族と友人にサポートしてもらい、祝福してもらった。いいサポーターを持って誇りに思う」と謝意を表した。これから1年間、文化親善大使としてコートを率いて各所を訪問する役目については「とても興奮している。学びながら役割をこなし、日系社会と他の社会をつなぐ橋渡しをしたい」と抱負を語った。
ニシナカ―リオンさんを推薦したパサデナ日本文化会館からの二世週祭女王の誕生は、2011年のエリカ・オルセンさん以来3年ぶり。同館の女王候

抱き合う新旧の女王。左は前年度のイワタさん、右がニシナカ―リオンさん

抱き合う新旧の女王。左は前年度のイワタさん、右がニシナカ―リオンさん

補推薦委員で、2012年のプリンセスのエリカ・フィッシャーさんは、コロネーションに臨むトーリさんにアドバイスしたといい「外見も心も美しい女性なので、ありのままの姿を見せればいいと言った。女王になってみんながとても喜んでいるのでうれしい」と話した。「トーリには、コートをまとめる力があるので、リーダシップを発揮して、日系社会の代表として頑張ってほしい」とエールを送った。
女王とコートは、任期の1年間、地元の日系社会のさまざまなイベントで活躍するほか、名古屋、ハワイ、サンフランシスコ、シアトルなどを訪問し、文化交流の親善大使の役割も担う。10日午後4時スタートのグランドパレードに参加し、着物姿でフロートに乗って戴冠式後、一般に初お目見えする。 【永田潤、写真も】

2014年度二世週祭女王決定の瞬間。「トーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオン」とアナウンスされ驚く新女王(右端)

2014年度二世週祭女王決定の瞬間。「トーリ・アンジェラ・ニシナカ―リオン」とアナウンスされ驚く新女王(右端)

 

日本舞踊の披露で、扇子を広げポーズを決める6人

日本舞踊の披露で、扇子を広げポーズを決める6人

 

テンポの速い、息の合ったダンスを披露する女王候補者

テンポの速い、息の合ったダンスを披露する女王候補者

 

ミス・トモダチのアシュリ・アリカワさん(写真左)とファースト・プリンセスのリンジー・エミコ・スギモトさん(同右)

ミス・トモダチのアシュリ・アリカワさん(写真左)とファースト・プリンセスのリンジー・エミコ・スギモトさん(同右)

Share.

Leave A Reply