レドンドビーチ: 歩行者集団に車突っ込む

0

 レドンドビーチ市にあるセント・ジェームス・カトリック教会付近で17日午後8時過ぎ、同教会でクリスマスコンサートを終え帰宅途中の歩行者集団に車が突っ込み、19日正午現在までに日本人と見られる女性を含む4人が死亡、9人が重軽傷を負った。

 事故はパシフィック・コースト・ハイウエーとビンセント通りの交差点で発生した。マルゴ・ブロンスタイン容疑者(56)が運転する車が赤信号を無視して交差点に進入し、横断歩道を渡っていた歩行者集団を巻き込む惨事となった。
 レドンドビーチ警察は18日、危険運転致死などの疑いでブロンスタイン容疑者を逮捕した。事故当時、同容疑者は処方箋薬の影響で安全な運転が出来ない状態だった可能性もあるという。
 事故当日、同教会では小学校のクリスマスコンサートが開かれていた。犠牲者はその帰宅途中で事故に遭遇した。
 この事故でサミュエル・ゴザさん(6)、マーサ・ゴザさん(36)、メアリー・ウィルソンさん(81)、サエコ・マツムラさん(87)が死亡した。4人はいずれもトーランス在住。ほか9人が重軽傷を負い、現在も病院で治療を受けている。うち4人が5歳から14歳の子供という。
 サミュエル・ゴザさんとマーサ・ゴザさんは親子で、クリスマスを前に家族をおそった悲劇となってしまった。

Share.

Leave A Reply