シャーマンオークス:住居侵入が増加

0

 サンファナンドバレーのシャーマンオークス地区で近ごろ、住居侵入が増加しており、ロサンゼルス市警察(LAPD)は住民に注意を呼び掛けている。

 住居侵入がもっとも多く発生しているのが、サンディエゴ・フリーウエー(405)とコールドウォーター・キャニオン・アベニューとの間のエリア。多くが日中に発生している。
 当局によると、犯行の手口は、容疑者が住宅の狙いを絞ると家の玄関のドアをノックし、不在かどうかを確認する。返事がなければ侵入し、金品を持って逃走するという。
 当局は住民にセキュリティーの強化を呼び掛けている。

Share.

Leave A Reply