LA郡参事会:最低賃金引き上げを検討

0

 ロサンゼルス市の最低賃金が向こう5年間で時給15ドルまで引き上げられることを受け、LA郡参事会でも同郡の最低賃金を時給15ドルまで引き上げる案が検討されていることが分かった。

 提案の発起人は同郡参事官シーラ・キュール氏。
 同氏の提案はLA市と同様で、従業員数26人以上の大規模企業に関しては、2016年7月から10・50ドルに、17年7月から12ドル、18年7月から13・25ドル、19年7月から14・25ドル、20年7月から15ドルに段階的に引き上げ、従業員数が26人以下の小規模企業は1年遅れて実施されるというもの。
 キュール氏は「今年3月の時点で、同郡の人口の27%、およそ270万人が貧困下にいることが分かっている。全米第3の規模を誇る当地で、住民により良い生活を提供する必要がある」と話している。
 同郡ではフルタイムで働いているにも関わらず、安全な住居、健康な食事、必要な衣服や医療費などを賄うだけの十分な賃金が支給されていない住民が依然多いという。
 ロサンゼルス経済開発局が無作為に選んだ同郡の雇用主を対象に行った調査結果によると、回答者の3分の2以上が最低賃金を引き上げた場合、従業員がより幸福でより生産性に優れると答えた。一方で回答者の6%が解雇を実施する可能性があると答え、2%が勤務時間の削減を図るとも回答している。

Share.

Leave A Reply