ダライ・ラマ14世:アナハイムで80歳の記念式典に参加

0

 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が6日に80歳の誕生日を迎えるにあたり、記念集会に参加するため、南カリフォルニア地区を訪れた。5日にはオレンジ郡アナハイムにあるホンダセンターで誕生日を祝う式典に参加。およそ1万8千人の支持者が同氏の誕生日を祝った。

 式典はダライ・ラマとの対話イベント「グローバル・コンパッション・サミット」 の一環として行われた。
 同氏は5日から3日間にわたりイベントに参加し説法を行う。
 式典で同氏は「私は人生を通して挑戦し続けてきました。そしてそこからうそのない誠実な心と忍耐の大切さを学びました。世界平和を達成するのは容易ではありません。しかしより多くの幸福、平和が世界にもたらされることを願っています」と説き世界平和を訴えた。
 誕生日の記念式典で多くの人々から祝福される一方、会場外には反対派のシュクデン信奉者およそ300人が集まり抗議運動を行った。
 サミットは6日、7日にカリフォルニア大学アーバイン校で行われ、6日は気候変動などについて他のノーベル賞受賞者と意見を交わし、7日には若者の指導力に関する会合に参加する。
 誕生日の祝賀イベントは世界各地で行われており、6月21日にはチベット亡命政府があるインド北部ダラムサラの寺院でも祝賀式典が開催された。

Share.

Leave A Reply