ピーナツバター食中毒事件:製造元の元CEOに禁錮28年

0

 ピーナツバターのサルモネラ菌汚染で2008年に全米で9人の死者を出した食中毒事件で、ジョージア州オルバニーの連邦裁判所は21日、製造元のピーナツ製品メーカー「ピーナツ・コーポレーション・オブ・アメリカ(PCA)」の元最高経営責任者ステュワート・パーネル被告(61)に禁錮28年の実刑判決を言い渡した。

 08年、同社が製造していたピーナツバターがサルモネラ菌に汚染されており、カナダと米46州で714人が感染し、9人が死亡する大規模な食中毒事件へと発展した。
 事件発覚後、同社はピーナツバターを使った製品の自主回収を実施。米食品業界史上もっとも大規模なリコールとなった。
 同社は汚染源となった工場の自主検査12回、サルモネラ菌を検出していたにも関わらず、再検査時に菌が検出されなかった製品を出荷していた。
 同被告はサルモネラ菌汚染の事実を知りながら、汚染されたピーナツバターを使用した製品の出荷を続けるよう指示していたとされ、共謀罪や司法妨害、詐欺罪など72の訴因で昨年、有罪評決を受けていた。
 同被告の兄弟で流通を担当していたマイケル・パーネル被告(56)には禁錮20年、工場の品質管理を担当していたメアリー・ウィルカーソン被告(41)には禁錮5年が言い渡された。

Share.

Leave A Reply