LA市:公用車にBEVなど計288台導入

0

電気自動車に乗り込み、乗り心地を確認するガーセッティー市長

電気自動車に乗り込み、乗り心地を確認するガーセッティー市長


 ロサンゼルス市のエリック・ガーセッティー市長は11日、同市が掲げる再生可能エネルギー促進計画の一環で、ロサンゼルス市警察(LAPD)をはじめ、ロサンゼルス市水道電気局(LADWP)などの行政機関で、バッテリー式電気自動車(BEV)160台、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)128台の計288台を導入すると発表した。公用車に電気自動車を採用する台数としては全米最大規模となる。【吉田純子、写真も】

 電気自動車の1マイル当たりの電気代は0・21ドルと、従来の自動車のガソリン代の0・37ドルより安価なため、41%のコスト削減が可能になるだけでなく、今回の導入により、2万本の植樹に相当する温室効果ガスの削減にもつながるという。

ドイツの自動車メーカーBMW社の「BMV i」

ドイツの自動車メーカーBMW社の「BMV i」

 ガーセッティー市長は「電気自動車は大気汚染の原因となる二酸化炭素を排出しないため、環境に優しいだけでなく、コストをより安く抑えられるなどの利点がある」と話し、毎年同市が購入する小型公用車を17年までに50%を、25年までに80%を電気自動車にするとしている。
 車両はドイツの自動車メーカーBMW社の「BMV i」と、カリフォルニア州に拠点を置く電気自動車メーカーのテスラモーターズの「Tesla Model S P85D」をリース。LAPDではBEV車100台、LADWPではBEV車44台、PHEV113台、ほかロサンゼルス市消防局(LAFD)と総務局でも導入される。
 当分は試験的に利用され、LAPDの技術専門チームが効率や利便性を調査する。LAPDでは犯罪捜査科の職員らが利用する予定となっており、同市長はLAPDのチャーリー・ベック署長に「電気自動車は静かなので、追跡捜査にも役立つのではないか」と話していた。
電気自動車メーカーのテスラモーターズの「Tesla Model S P85D」

電気自動車メーカーのテスラモーターズの「Tesla Model S P85D」

 LAPDではすでに電気スクーター23台と 電動バイク3台を購入し、現在パトロールの際に利用されている。
 同市長は今年4月、再生可能エネルギー促進計画を発表。2017年までの短期目標と、25年と35年までの長期目標を設定した。
 17年までの目標として、同市に電気自動車の充電施設を1千カ所以上設置するほか、干ばつによる水不足対策の一環として20%の節水を目指し、35年までには同市の給水量を50%増加させるなど、14のカテゴリーに分けて環境に優しい都市づくりに取り組んでいる。
 現在すでにLAダウンタウンにあるノキアシアターやステープルセンターなどの屋上にはソーラーパネルが設置されているが、今後さらに設置箇所を増やし、50年までに温室効果ガスの排出量を80%削減させることも同計画の中に組み込まれている。
 ゴミ問題も深刻化する同市では、年間300万トンのゴミが排出されていることから、電化製品のほか、食料品などの使用済み容器のリサイクルも働きかけている。
LA市が導入する電気自動車をお披露目したガーセッティー市長(右)とLAPDのチャーリー・ベック署長

LA市が導入する電気自動車をお披露目したガーセッティー市長(右)とLAPDのチャーリー・ベック署長

Share.

Leave A Reply