LA郡参事会:ホームレス救済に1500万ドル

0

 ロサンゼルス郡参事会は13日、同郡におけるホームレス人口の増加を受け、1500万ドルを投じてホームレスへの住宅提供など支援策に取り組む提案を全会一致で可決した。

 ホームレスの多くが路上で生活していることから、「これからの寒い季節に路上で生活する人々のことを考慮し、道徳的観点から決断に至った」とマーク・リドリー・トーマスLA郡参事は語る。
 水温の異常上昇から大気の流れが変化し、高温や低温、多雨などの異常気象を引き起こすエルニーニョ現象がカリフォルニア州に到来することが予測されており、同郡参事会では2週間ほど前に、冬の期間専用のホームレス・シェルターを例年より6週間早く解放する決定を下している。
 資金は前会計年度予算の余剰金によって捻出され、1500万ドルのうち1千万ドルは、ホームレスになって間もない独身の成人を対象に、300万ドルは子どもがいるホームレスの家族を対象とした住宅提供、200万ドルはホームレスになる危険性のある家族への支援策に投じられる。
 同郡のホームレス人口は過去2年間で12%以上増加。同郡では今月中にも官民合同でホームレス問題への取り組みを協議する会議を開く予定となっている。
 一方で、トーマスLA郡参事とマイケル・アントノヴィッチ同郡参事は、ホームレスの家族への支援対策資金が少ないことを危惧している。

Share.

Leave A Reply