敬老問題:コミュニティ諮問委員(CAB)公募締め切り迫る

0

締め切りは2015年12月15日(火)午後5時

 敬老4施設売却の条件の一つとして設立される敬老施設コミュニティ諮問委員会(CAB=コミュニティー・アドバイザリー・ボード)メンバーの公募が今月15日(火)午後5時で締め切られる。

 応募用紙は敬老シニアヘルスケア本部(325 South Boyle Avenue, Los Angeles, CA 90033、月曜〜金曜の午前9時〜午後5時)に用意されている。
 また、敬老のホームページから直接応募することや(www.keiro.org/cab-application)、応募用紙を入手してメールで応募することも可[email protected]213・873・5700まで。

 CABの目的は、文化的背景を考慮した一貫したサービスの提供を保証するアドバイスとフィードバックで施設運営を支援する。CABボランティアは運営者とコミュニティーの懸け橋という役目を果たすという。

Share.

Leave A Reply