未年も終わりか…

0

 今年、新聞記事を読んでいてフム? と思ったことなどを書いてみる。
 ◇黒人差別反対の抗議者がLA市長を取り囲み、講演を中止に追い込んだという記事。フム。
 簡単に銃を撃つ警官がいることも確かであり殺された人には哀悼の意を表します。しかし、僕が永住のために渡米した時、先に来ていた親父から「これは叔父から言われたことだが、たとえ指鉄砲でも警官に向けちゃいかん。彼らの指示に従うこと」と教えられた。
 今でもその考えがしみついている。アメリカ人はそういったことは習わないのだろうか。黒人も僕らも有色人種であり、同様に迫害された歴史が有り何の違いもないのに。やはり気質の問題か。
 ◇キリスト教徒の郡書記官が同性婚の結婚証明書に許可を与えなかった。フム。
 いくつかのキリスト教教会はこの書記官をサポートしている。僕もクリスチャンだから分からないわけではないが、この人の態度には疑問が残る。
 アメリカでは政教分離を憲法で定めている。その観点からすると、たとえ郡という小さな(政治的)組織であれ、個人の宗教観を仕事に反映させるのはいかがなものだろう。
 同性婚に反対の立場をとるモルモン教が「立場は代わらないが、この書記官のサポートはしない」と公表した。理由として、やはり個人が何を信じるかは自由だが、まず法を遵守するのが第一としている。
 もし本当に自分の信じる宗教を、法規や他の人の生活信条より上に持って行きたければそれに準じた仕事につけばいいのにと思う。
 ◇最近のトランプ氏の発言。フム。
 正しいかどうかは疑問だが、イスラム教徒の入国規制案は共和党員の過半数が肯定しているとか。日系人の強制収容の話も出てるようだが、それも含めて肯定的に見ているらしい。
 今まで政治的考慮?から話には上がらなかったことも含めて、言いたいことを言いたいように言う彼に好感を持つ有権者も増えている。ビジネスマンとして有能だからピッチもうまい。気が付いたらいらないものまで買わされていたなどとならなければいいが。投票の時は気をつけよう。
 よいお年を!【徳永憲治】

Share.

Leave A Reply