越後サラダうどんを紹介:米市場進出へ手応え

0

日本の食品通販サイト

ミツワのトーレンス店で行われた「越後サラダうどん」の試食会

ミツワのトーレンス店で行われた「越後サラダうどん」の試食会

 日本の食品通販サイト「LJマルシェ」(本社東京)のスタッフ6人が、このほど来米し、健康とおいしさで人気の「越後サラダうどん」の試食会と販売店回りを行い好評を得、米国市場進出へ手応えを掴んだ。

 新潟県十日町は絹織物の産地で 、原料の「からむし」(イラクサ科の多年草)の葉の部分は以前は捨てられていたが、食品として再利用しようと調べたところ、ビタミンB1、B2、カリウム、βカロチン、カルシウムなど栄養素が豊富に含まれていることが分かった。健康食品として開発、栄養価がサラダのように豊富なことから「越後サラダうどん」と名付けた。

越後サラダうどんの紹介は、試食の調理を実演し振る舞った

越後サラダうどんの紹介は、試食の調理を実演し振る舞った

 同社は、数多く扱う商品の中からサラダうどんを持ち込んだのは「健康にいいもの」「旬のもの」「地域のとっておき」「安心・安全」という4つの基準に加え、「一番人気」を選んだ。サラダうどんを皮切りに海外での販路開拓を図る。
 トーレンスのミツワマーケットで開いた試食会では、「人気の日本食」「ヘルシー」「オーガニック」を前面に押し出した。3時間で約150人に振るまい、アンケートを実施し50人から回答を得た。つるっとしたのどごしや、コシのあるモチモチとした食感、さわやかな風味が受け「とてもおいしい・おいしい」と答えた人が92%に及んだ。同店の濵松孝明ゼネラルマネジャからは「保存性の高い乾麺はよく売れるので、継続的にイベントを実施すればいい」とアドバイスされ、次回の試食会を催す予定。
 試食のたれは、麺つゆだったが、このたびの調査ではサラダうどんが、世界の料理との相性がいいことを知った。ヒュージョンとして、各種サラダやサルサなどと混ぜたり、パスタとしてなど、さまざな食べ方を考案して提案する。
 販売店へのあいさつ・視察を、日系ではニジヤ、マルカイ、そして自然・オーガニック食品をウリにするホールフーズ・マーケット、トレーダー・ジョーズを訪れた。ビーガンやオーガニック専門レストランへの売り込みも行いたいとしている。
 LJマルシェは、ドラマや映画の撮影が行われた日本各地のロケ地を紹介する雑誌「ロケーションジャパン」の物販部。雑誌では、現地の名物も掲載しており、LJマルシェは地元と協力しそれらの商品の開発、PR、販売を行って地域おこしに貢献する。木庭清美主任は「物が売れないと、地域は潤わない」と強調し、全国の名産の米国への売り込みに意欲を示している。今回の市場調査については「試食会での反応がよくてよかった。情報を収集し分析し、来年のアメリカでの販売に役立てたい」と抱負を述べた。【永田潤】

Share.

Leave A Reply