新年に

0

 2016年も半月になるが、お正月気分をまだ味わっていない。近年、こんな新年の迎え方になっている。
 元日の小東京でのお正月イベントは、年々参加者が増加しているように思える。高野山の参拝者も増加していると聞いた。クリスマス前から、小東京の人出は増えていると感じていたが、何を求めて全米各地、世界から集まるのだろうか。こんなに関心を持ってもらえるのなら、もっと日本文化や日系の歴史、日本語を広める場所や企画があっていいのではないかと思う。
 新年早々、宝くじパワーボールの当選金額が史上最高額になって、売り場は長蛇の列。例に倣って購入。当たったらと、捕らぬ狸の皮算用。この金額なら、敬老4施設はもちろん、小東京も買える。歴史ある日本食レストランがこれ以上閉める憂き目に遭うことのないようにしたい、大きな会合ができる場所を作って日系のパーティーは小東京で、日本各地を紹介する県人会館、などと友人と語り夢をふくらませたが、現実のものとはならず。
 小東京の将来を思い描いて夢を見るのは、楽しいひと時だった。戦前の街並みは到底かなわないが、日本を求めてやってくる人たちを納得させられるような場所にしたいと考えた。何の制約もない自由な都市計画。
 小東京に関心のない日本人、敬老を知らない人も多いと思う。だから、夢を見たかったというのもある。せっかく、先人が作って土台があるから、それに乗っからないのはもったいない。しかし、全て宝くじの当選金を当てにしてのこと。夢を見させてもらった。
 現実には、周りにいる病気の友人知人のことが気がかりで気持ちが休まらない。次のイベントの折り紙に追われ、と心身の休養をのぞむなど夢のまた夢。それもまたよし。倒れないでできることをありがたいと思う。
 そんなこんなで新年を迎えたが、天候もエルニーニョの影響で水害も多い。新年から家を失った人たち、亡くなった人たちを思うとやるせない。良くないことはサル、いいことがクル年であってほしいと願うばかりだ。
 夢が正夢になるようにと希望だけは持つことにしよう。本年もよろしくお願いいたします。【大石克子】

Share.

Leave A Reply