数の効用

0

 最近、万歩計を購入、毎日ポケットに入れて持ち歩いている。3つの表示があり、今日の歩数、過去7日間の歩数記録、1万歩以上のベストスリーが表示される。膝のリハビリに毎日の散歩を心がけているが、雨が降ったり寒かったり、緊急の仕事があったりでついサボりがち。ところが万歩計を持ち歩くと、もう少しで5千歩に達する、今日は8千歩を超えた、なんとかベストスリーの記録に残る1万歩を超えたいと励みが出る。
 そういえば以前の職場でメキシコ工場の建設を前に、倉庫内にテストの組み立てラインを設置して製造を試みた。同じ設備・工程で臨むのだが、どう叱咤激励しても日本のような実績が上がらない。散々悩んだ工場長は一計を案じ、ラインの末端に電光表示板を取り付けた。二つの表示が並び、標準工数により時間の経過とともに生産されるべき数字と、完成ごとの生産実績数が示される。
 なんと結果は、どうしても1日当たりの生産数が450個くらいだったのが、700個を超え800個に迫り、標準工数の850個を超えるまでになってきた。「いったい俺が今まで苦労したのは何だったんだ?」と工場長がぼやく。そうだ! 人間は具体的な目標数値を認識すると数字と競争するのだ。表示板を目にしたラインのメンバーは、具体的な目標と達成過程が明確になり、各人が努力と工夫をこらしたのである。
 人間は比較することでものを認識する。人と動物の最大の違いは言葉や文字を使うことにある。言葉は、感情や意思や考えを伝える手段のみならず、感覚を超えた形而上の概念や理念などを生み出し、思考力は飛躍的に発達した。そしてそれらは文字によって地域や時間を超えて伝わった。
 なかでも数字は、重さや時間・距離や面積の単位が確立され、具体的にものを表す最良の手段となった。画期的な「ゼロの発見」もあり、数の計算方法が発達して各種の科学技術が進歩した。
 それだけではない。前記のように数字の効用は、人々に「目標を明確に示す」ことによってモチベーションを高め能力を発揮するという大切な一面もあるのである。【若尾龍彦】

Share.

Leave A Reply