読みにくい本

0

 随筆集を上梓したと、友達から一冊の本が送られて来た。きれいな表紙に、ずっしりと重量感もあり立派なものだ。
 どれどれ? と読み始めるが、何行も読まないうちに目が疲れてくる。年のせいだろうかと思いながら、幾度か挑戦するのだけれど、根気が続かない。
 そういえば、本を開いた時に違和感があった。文字間が詰まっているし、行間も少し狭いような気がする。左右の余白も少ないような…。色紙にうまく描く方法は、まず第一に、上下左右に余白を設けることだと正月のテレビ番組でレクチャーしていたのを思い出す。なるほどそのポイントを押さえるだけで、素人の作品がスッキリと上手そうに見えていた。
 私は読書家ではないから、それほどたくさんの本を読んできたとはいえないが、人生今までで、初めての違和感だった。あらためて自分の本棚の小説などをパラパラと繰ってみる。どれも、そのページがとても美しく感じられた。ということは、今まで考えてみもしなかったけれど、本というものは、文字のサイズ、形だけでなく、行間、字間、余白の部分などよほど考えて構成されているものなのだと、今さらながら感じ入った。
 本棚には、小説の他に日本の人気料理家の本が2冊ある。きれいな写真とオリジナルレシピに引かれて買ったものだが、ひとつ気に入らないのは、ページ表示が本の内側(綴じ側)に書いてあって、ハードカバーの本ではとても見にくいこと。もう一冊はまるで美術書のように、文字と余白のレイアウトにまで凝っていたりするのだが、今、あらためて見ると文字がとても小さいことだ。料理本に関していえば、文字が見やすく、調理台の上にベタっと広げやすいソフト綴じの本が最適だと思うのだけれど。まあ、人それぞれ、かもしれないが。
 辞書の編さんをテーマに描かれた映画「舟を編む」では、用紙を選ぶ時に「軽くて、薄くても裏写りがなく、ページが指に吸い付くように一枚ずつ繰れる」ことが要求されていて、そのこだわりに感動させられた。
 電子書籍があり、タブレットでニュースを見る時代かもしれないが、彼女の本のおかげで、図らずも印刷本への愛着を再確認することとなった。【中島千絵】

Share.

Leave A Reply