「冗談じゃないよ」

0

 心のどこかにこだわるものがあり、落ち着かない。何が理由だろうと考えていて、ふと思い当たったのが今朝の出来事。
 「これ、A君が翻訳したイベントの案内だけど、目を通しますか」
 同僚のJさんが4ページほどのドキュメントを手渡しに来た。軽い気持ちで読み下していくうちにまず、こなれていない日本語が気になり始めた。
 書き言葉と話し言葉が統一されておらず、「です、ます」と「だ、である」もまざっている。突然「でございます」が入ってくることもある。軽く目を通すだけのつもりが 赤ペンを手に校正を始めてしまった。「それ」がやたら出てくるのは英語の「it」がひんぱんに出てくるからだろう。共催団体の名前も一つ落ちている。
 翻訳を頼んだ担当者に、この日本文は何に使うつもりなのかとたずねたところ、「ウェブサイト(電子)ニュース用で、日本語もあったほうがいいだろうということで、もう流してしまったけど…」という返事。
 同じ校正をするならリリースする前に見せてほしかった、と軽く抗議したところ、
「何が問題なの? そのまま流したからってどうってことないだろう。校正なんか見ていて遅くなるより、ニュースが早く届くほうがいいじゃないか。日本語でもリリースしているというところが大事なんだ」
 一瞬、聞き間違ったかと驚いた。文章の校正ができるほどではないが、日本語がそこそこ分かり、仕事の合間に某有名大学で博士コースをとっている知識階級の彼の言葉とも思えない。やはり彼もアメリカ人だったのだ。
 多少間違っていても日本語でニュースを出している努力こそ認められるべきだと彼は言うのだ。日本語をその程度に扱われたことが非常に不愉快である。
 このままインフォメーションが流れたからといって、大きな問題になるとは私も思わない。しかし日本語は私の言葉であり、大切にしているつもりだし、他の人にもそれなりに尊重してもらいたい。日本語の分かる人が読めば、ひと目でおかしいことがわかるだろう。日系団体だから仕方ないなどと妥協してもらっては困る。
 「冗談じゃないよ!」
 悪態をついて私の一日が終わった。【川口加代子】

Share.

Leave A Reply