LA市:人口、初めて400万人に

0

LA市の人口が昨年初めて400万人に達した。写真はダウンタウンにあるLA市庁舎

LA市の人口が昨年初めて400万人に達した。写真はダウンタウンにあるLA市庁舎


 カリフォルニア州財務局が2日に発表した最新の統計結果によると、2015年のロサンゼルス市の人口は前年比1・3%増加し、初めて400万人に達したことが分かった。【吉田純子、写真も】

 統計結果によると、LA市の人口は2015年1月1日から1年間で約5万人増え、403万904人になった。
 LA郡の人口は0・8%増の1024万1335人となった。
 加州で7番目に大きな都市ロングビーチ市は、昨年およそ3千人増え、48万4958人となった。
 加州でもっとも急成長を遂げている都市のひとつアーバイン市は2・6%増加し25万8386人となった。
 加州全体では0・9%に相当する34万8千人増加し、3925万6千人となった。
 LA市に次いで加州で人口が多い都市はサンディエゴ市で139万1676人。3位はサンノゼ市で104万2094人、4位サンフランシスコ市が86万6583人、5位フレズノ市が52万453人、6位サクラメント市が48万5683人、7位ロングビーチ市が48万4958人、8位オークランド市が42万2856人、9位ベーカーズフィールド市が37万9110人、10位アナハイム市が35万8136人となった。

Share.

Leave A Reply