南加地区:M5・2の地震発生

0

マグニチュード5・2を観測したボレゴ・スプリングス付近(南カリフォルニア地震センターより)

マグニチュード5・2を観測したボレゴ・スプリングス付近(南カリフォルニア地震センターより)


 地質調査所によると、10日午前1時過ぎ、リバーサイド郡とサンディエゴ郡の境界付近を震源とする地震が発生し、マグニチュード5・2を観測した。【吉田純子】

 震源はサンディエゴ郡北部ボレゴ・スプリングスの北北東13マイルの地点。この地震で南カリフォルニア地区ではロサンゼルスのダウンタウンやパサディナでも揺れを感じたという住民の声があるほか、オレンジ、サンバナディーノ両郡、メキシコ北部でも揺れが観測された。
 サンディエゴ郡シェリフ局によると、これまでのところ建物への被害や負傷者などは報告されていないという。
 専門家によると、今回の地震はサンバナディーノ郡、リバーサイド郡、サンディエゴ郡にわたって延び、南加地区でもっとも活発とされるサンハシント断層がずれ動いたことにより発生したとみられている。
 サンハシント断層をめぐっては1980年のマグニチュード5・3の地震のほか、37年にはマグニチュード6の地震も発生している。
 今回の地震による津波の心配はないという。

Share.

Leave A Reply