老後に意味をつける

0

 共和党党大会は一部の党議員がトランプ氏の大統領候補決定を拒み、大荒れだった。民主党はヒラリー候補がほぼ確実で、米国史上初の女性大統領誕生も視野に入ってきた。一説に、8年前、オバマの前にヒラリーが大統領の座を占めるはずだったが、新星オバマの勢いに屈したともいう。当時ヒラリーは情熱の全てをかけて選挙戦に挑み、本人も周囲も、初の女性大統領かと熱くなった。だが、こういう時は意外に本命が勝利を逃すものだ。
 期待が大きかっただけに、ヒラリーは力尽き、時に引退説もささやかれた。しかし彼女には信念があり、また不死鳥のように再起した。落ち着いた貫禄を示し、女性大統領は当然という雰囲気さえある。世間の下地も出来上がっている。弁護士、ファーストレディー、上院議員、国務長官と経歴一つとっても底力の程が分かる。アメリカ人が女性の中で最も尊敬する人に挙げられることも多い。もし大統領になればその歩んだ道は誰にも到達できなかった高い山を登ってみせたという事になる。現在68歳。彼女が与えるインパクトには絶大なものがある。
 影響を与えるのは、遠い所に居る人ばかりではなく、身近に接する人たちの中にもいる。80歳をこえてコーラスに属し、クラシック古典の難曲に取り組む人、78歳になっても引退者社会で住人の身の上相談に親身で付き合う人、ボランティア団体の雑務をまるで仕事のようにコツコツと処理する人。自分にその能力が残っている間は年齢を理由に怠惰になる事を自分に許さず、自分のできることで有益な一社会人であり続ける。こういう人たちこそ、どうすれば老後に意味をつけられるのかを教えてくれる。
 健康で長生きはもち論素晴らしい。その上に蓄積した自分の能力を、社会に還元することを実行している人たちを敬愛する。容易なことではない。しかし本人ははっきりと知っている。それが社会の中でどのような役割を果たし、後続の人に希望の光を与えているかを。老後に意味をつけられた時、人は静かな達成感を味わうのではないだろうか。
【萩野千鶴子】

Share.

Leave A Reply