サンバナディーノ山火事、100%鎮火

0

 カリフォルニア州森林管理防火局は23日、サンバナディーノ山脈とサンガブリエル山脈の間に位置する峠「Cajon Pass(カホパス)」付近で発生していた山火事が100%鎮火したと発表した。【吉田純子】

 山火事は16日に発生し、気温の上昇と、強風、極度の乾燥が影響し、瞬く間に延焼範囲を広げ、これまでに約3万6300エーカーが焼失した。
 カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は発生から間もなくして非常事態を宣言。消防車のほか、消防ヘリコプターやエアタンカーも出動し大規模な消火作業が行われたが、家屋105棟、建物216棟が全焼した。
 周辺の住民には避難命令が出され、山火事により煙があたり一面に広がり、南カリフォルニア大気環境管理局は煙注意報を発令。付近の学校区でも休校措置がとられた。
 フリーウエー#15をはじめ、周辺の一般道も一部区間が閉鎖されるなど、交通規制が敷かれていた。
 現在はすべての避難命令が解除され、住民は自宅に帰ることが許されている。出火原因は分かっておらず、現在も調査が進められている。
 加州では各地で山火事が相次いで発生している。ロサンゼルスから北西およそ180マイルに位置するセントラルカリフォルニアのサンルイスオビスポ郡サンシメオンでも13日から山火事が続いており、これまでにおよそ3万7千エーカーが焼失。建物52棟が全焼し、7棟が損壊した。

Share.

Leave A Reply