お祭りの役割りとは

0

 桜の季節です。今年の桜は3月下旬の冷え込みで遅れ気味、ここ川崎・宮崎台では4月2日が「さくら祭り」でした。近くの公園はぞろぞろと家族連れが切れ目なく続き、中をのぞくと、いつもは少年野球チームの元気な声が飛び交うグラウンドは祭り客が埋め尽くし、周りにはたくさんのテントが立ち、さまざまな屋台がおいしそうな匂いを立てています。
 駅前のさくら坂はまだ5分咲き、満開になれば華やかな桜のトンネルになります。通りは笑顔の人、人、人で埋まり、幾つものゆるキャラ着ぐるみに子供連れが群がっています。消防自動車や警察も協力し、道路脇の白バイにはハンサムな制服姿のお巡りさんが次々に子供を乗せては記念撮影。
 この日は一帯が歩行者天国、バスターミナルには幾つかのテントが並び、駅前広場には仮設ステージ。子供のキレの良いダンスや太鼓グループの演奏、フラダンスなどが次々とステージに上がり日頃の練習の成果に拍手を受けます。ターミナルの一角では地元中学のブラスバンド演奏が始まり、父兄はカメラやビデオ撮影に大忙しです。幼児たちの遊び場の小さな公園はお母さんたちのバザーやヨガ体操で賑わっていました。
 友人からメールが届きました。「以前は各地区に奇特な有志がいて富山も昔は地区のお祭りが賑わっていたが、今は市が主催する行事だけ、春祭りは富山市主催の『全国ちんどんコンクール』のみです。これも演舞者はすべて県外、観光客も40パーセント余りが県外、残りが地方の人で地元密着からほど遠く寂しい限りです。ちんどんコンクール発足当初は私たち町内からモニュメントを知恵を絞って作り、仮装して50数人が10年間余り出場して競い入賞した経験もあります」
 お祭りは地元の人たちが集まって絆を確かめ合い、人と人とのつながりを強めるもの。祭りの時期が来るたびに、昔元気で参加した自分を思い出す。近年、町興しとかで市が積極的に乗り出し、イベントは大きくなるが地元は単なる見物客、地域の絆が失われてゆくのは残念です。ここ宮崎台の桜祭りはまだ地元手作りの素朴なもの、本来のお祭りが続いてくれることを願っています。【若尾龍彦】

Share.

Leave A Reply