花子さんのパズル

0

 4月末から5月にかけて一カ月ほどの間に友人、知人の葬儀に4回も出る羽目になった。その一人がアメリカ人の花子さん。
 花子さんにはデニースという本名があるが、生け花の先生につけてもらった花子という名前が大好きで、電話をかけてくるときは必ず「ハーイ、ハナコで〜す」だった。
 彼女が癌(がん)に侵されていることは知っていたが、いつも明るく、病気だということを相手に感じさせたことがなかった。
 コミュニティーセンターの近所に住んでいた頃は、熱心に生け花のクラスに通っていた。やがてシカゴから2時間近く離れた町に引っ越して、クラスに通えなくなったが、日本文化の行事があるたびに出かけてきて、どんなに混んだ会場でも必ず私を見つけて声をかけてくれ、「イベントのことを知らせてくれてありがとう。とても楽しかったわ。また来るから元気にしていてね」
 私はいつも病人に励まされていたのである。
 今考えてみると、そんな付き合いが16年も続いたことになる。30年近くパートナーだったAさんが「花子があなたのことをたびたび話していたから、迷惑でなければお別れに来てくれたらと思ったんですよ」と葬儀を知らせてくれた。
 看護師であった彼女は、なんと葬儀ディレクターのライセンスも持っていたのである。生涯葬儀社に勤めることはなかったが、インディアナ州で航空機の墜落事故があり多くの死者が出た時は、夜中に車を走らせて事故現場に駆けつけ、ボランティアで葬儀を手伝い、被害者の家族から感謝されたというエピソードも披露された。
 動物や花や川の流れ、星や月やオペラ、日本文化を愛し、ふれあいのあった人々を愛し、それらの全てから愛された花子さんの葬儀の後、参列者のほとんどが次々と彼女とのエピソードを披露し、その多くが私の知らない花子さんだった。
 私たちは皆、彼女と小さな部分でつながっていたけれど、棺を覆ったあとで、パズルのすべてのピースがそれぞれの場所に収まって、彼女の全体像が鮮やかに現れたような気がした。いつの間にか花子さんは仏教会で法名まで受けていたのである。
 釈妙蓮のご冥福を祈り、合掌。【川口加代子】

Share.

Leave A Reply