2階ショップが、先行オープン:海部館長「第一歩を踏み出した」

0

ジャパン・ハウス・ロサンゼルス

開店初日の20日朝は、オープンを待ちわびた約60人の接客に追われたという藤原店長(左)と海部館長

 先端技術から食、観光、ポップカルチャー、伝統文化など幅広い日本の魅力を全米に発信する外務省主導のプロジェクトを運営する「ジャパン・ハウス・ロサンゼルス」(海部優子館長)は、本拠を置くハリウッドで20日、日本のユニークなグッズや匠の技が光る地方の特産物などを取り揃えたショップを、来年6月末予定のグランドオープンに先駆け開店した。海部館長は「第一歩を踏み出し、身の引き締まる思い」と、感慨深げに話した。

全1200商品が彩る、白を基調とした明るい店内

 藤原太一店長によると、店のコンセプトは「『伝統』と『革新し続ける伝統』」。全1200商品が、このいずれかに当てはまるという。全1200商品は、分類別に、白醤油や酢などの「食品」が約50点、Tシャツやマフラーなどの「アパレル」約180点、茶碗や湯のみなど「食器」は大小約500点、ペンに便せんなど「文房具」約300点、石けん、スリッパなど「ライフスタイル」約200点が店内を彩る。
 それぞれが「いただく」「装う」「暮らす」を表現しており、日本全国から選りすぐりの品々。添えられた説明には、日本での使われ方や制作の意図、個人の制作はアーティスト名が表示されているのが特徴。
 藤原店長は「日本の伝統や技術を伝えながら生活の中で実際に使い、味わい、楽しんでもらうような商品を紹介し、暮らしに取り入れてもらう提案をする」と強調。例えば、酢は主に日本で、すし米や酢の物などに使用するのに対し、米国人はドレッシングなどに用いるとし「われわれの価値観を押し付けるのではなく、われわれの提案を伝えて、しっかりと受け止められるような柔軟性を持ちたい。そしてアメリカならではのアレンジをし、お客さんと一緒に商品の使い方を考えられればいい」と願う。米国式のアイデアの一例として、徳利の一輪挿しとしての活用を挙げた。

日本手ぬぐい、お茶の葉、急須など、厳選された日本伝統の日用品

 商品は、実用・機能的かつ芸術的なデザイン性に優れており、藤原店長は「日本の日用品が、アクセサリーや装飾にもなる」と、自信を示す。「まず、日本人が作ったものを見ることで『日本人がこうやって使っているんだ』という文化の表現ができる交差点のようになればうれしい。その先に販売(目標)があればいい」と、抱負を述べた。
 ジャパン・ハウスがハリウッドの中心部に位置する大型モール「ハリウッド&ハイランド」内に構える施設は、2階と5階の2カ所に分かれている。今回開いたショップは2階スペースに位置し、その隣は日本の想像性に焦点を当てる展示ギャラリーを備え、来月19日から開場イベントとしてファッションデザイナー、森永邦彦氏のブランド「アンリアレイジ」を紹介する。

広島県のブランド「SHAQUDA」の熊野筆の伝統的な技巧と洗練されたデザインが融合したブラシ

 5階スペースは、日本が世界に売り込む和牛や地酒を揃えた日本食レストラン、日本に関する蔵書を備えたライブラリー、会議や上映会用の多目的ホールが設けられる。
 開館は今夏を予定したが、工事などの影響で遅れた。ショップをまず開け、海部館長は「長い間準備作業に当たって来たので、うれしさよりも緊張感があり、身の引き締まる思い」と、ようやく開店にこぎ着けた感想を語った。支援者が買い物に訪れ、祝福を受けたといい「特別な思いがこみ上げてきた。胸の高鳴りを覚えながら、自分の職務の責任に対する重圧がある」と、期待感と不安感が交差するさまざまな思いを実直に表現した。
 2階スペースについて「単なる店ではなくまた、単なるアートギャラリーでもない。日本のコンテポラリーや伝統を、ただ異文化だから受け入れられるのではなく、使ってみて衝動的にアメリカ人のライフスタイルに取り入れてもらいたい」と希望する。
 この日は、一部のオープンとしながらも「大きな第一歩を踏み出したと思う。このショップ自体が、ジャパンハウスのやりたいこと全体を表していて、物販のみならず、企画展と連動させ、後の活動に弾みを付けたい」と意欲を示した。
 5階スペースが完成すれば「より有機的、重層的なプログラムができる」と期待を寄せ、地方創世のプロモートによるショーケース、各種のワークショップやシンポジウム、地方発の食のイベントなどを列挙し「いろいろなおもしろいことができる。動きのあるダイナミックな進化を続けるプロジェクトになる」と力を込め、来夏のグランドオープンを待ち望む。

「玉の肌石鹸」が製造する鯛の形をした「ウェルカムソープ」

 ショップは、ドルビーシアターの入口前に位置する。営業時間は、月〜土曜が午前10時から午後8時、日曜は10時から午後7時まで。休業日はサンクスギビング・デー、クリスマス・デー、アカデミー賞授賞式当日。
 Japan House Los Angeles Shop
 Hollywood & Highland Center
 6801 Hollywood Blvd. Suite 213
 Los Angeles, CA 90028
 (323)638-1777
 www.japanhouse.jp/losangeles
【永田潤、写真も】

徳島の藍染めが用いられた「BUAISOU」ブランドのけん玉


日用品のほうきやちりとりなどは、工芸品のよな趣きを醸し出している

Share.

Leave A Reply