CDC調査結果:妊婦のたばこ、14人に1人

0

 米国で2016年に出産した妊婦の喫煙率は7・2%で、およそ14人に1人が妊娠中も喫煙していたことが全米疾患対策予防センター(CDC)の最新の調査結果で明らかになった。【吉田純子】

 CDCによると妊婦の喫煙者数は州によって大きく異なり、もっとも喫煙率が高かったのはウエスト・バージニア州で25・1%。一方もっとも低かったのはカリフォルニア州で1・6%だった。
 全米の喫煙率の7・2%を下回ったのは加州のほか、ユタ、テキサス、ハワイ、ニュージャージー、ネバダ、アリゾナ、ニューヨーク、コネチカット各州とコロンビア自治区、ワシントンDCでいずれも5%以下だった。
 CDCによると、妊娠中の喫煙は先天性疾患や早産、未熟児で生まれてくる可能性が高まるほか、死産の危険性もあると警鐘を鳴らす。2013年と15年の調査結果によると、妊婦の喫煙率が高い州では乳児の死亡率が高いことも分かっている。
 妊婦や胎児に及ぼす喫煙のリスクに関する知識は浸透してきてはいるものの、依然14人に1人の妊婦が喫煙していることを受け、CDCは妊娠する年齢や人種なども影響するため、州によって喫煙する妊婦数にばらつきがあると指摘する。
 もっとも妊婦の喫煙者数が多かった年齢層は20〜24歳で喫煙率は10・7%。次いで15〜19歳が8・5%。25〜29歳が8・2%となった。
妊婦の喫煙率を人種別で見てみると、インド系やアラスカ原住民がもっとも高く16・7%。次いで白人が10・5%、黒人が6%、ヒスパニック系が1・8%、アジア系がもっとも低く0・6%だった。

Tags

Share.

Leave A Reply