カリポリ・ポモナ校:キャンパスで警備員刺殺事件、容疑者は射殺

0

 カリフォルニア州立ポリテクニック大学ポモナ校のキャンパスで6月29日午後、同校の警備員が刺殺される事件が発生した。事件から間もなくして容疑者は駆けつけた警察官に射殺された。犯行動機などは分かっておらず現在捜査が行われている。【吉田純子】

 ロサンゼルス郡シェルフ局によると、事件は同日午後4時半頃に発生。亡くなった警備員(37)は武装しておらず、車の運転席で遺体は発見されたという。
 同じ頃、キャンパスの別のエリアで不審者がいるとの通報を受け、警察官が現場に駆けつけ容疑者を発見。ポモナ市警察によると、容疑者はその場で射殺された。現場には警備員を殺害した時に使用したとみられるナイフが見つかったという。
 事件発生後、同校の学生にはキャンパスに近づかないよう安全警報が出された。
 犠牲者と容疑者の名前は今も公表されていない。当局は現在、犯行動機や殺害された警備員と容疑者が顔見知りだった可能性なども含め捜査している。
 同校はロサンゼルスの東方およそ25マイルに位置する。大学は現在夏休み中のため、キャンパスにはほとんど人がおらず閑散としていたが、入学を控えた学生のオリエンテーションは行われており、新入生からは不安の声が聞かれたという。

Tags

Share.

Leave A Reply