LAPD発表:立てこもり事件の犠牲者、警官からの発砲で死亡

0

立てこもり事件が発生したシルバーレイクにあるトレーダー・ジョーズ(モーアLAPD署長のフェイスブックページより)

 シルバーレイクにあるスーパーマーケット「トレーダー・ジョーズ」(2738 Hyperion Ave)で21日、銃を持った男が立てこもり、店長の女性1人が死亡した事件で、ロサンゼルス市警察(LAPD)は24日、検証の結果、女性が警官による発砲で死亡したと明らかにした。【吉田純子】

 自身の交際相手をめぐり祖母と口論になったジーン・アヴィン・アトキンス容疑者は祖母に向かって発砲した後、交際相手と見られる女性(17)を連れ去り祖母の車で逃走。その後、シルバーレイクにあるトレーダー・ジョーズ前の電柱に衝突し、車からおりるとそのまま同店に入り立てこもった。LAPDが公開した映像によると、逃走中も追跡していた警官に向かって同容疑者が発砲する様子がおさめられていた。


警官からの発砲で犠牲になったコラードさん(ゴーファンドミーより)

 この事件で同店で店長を務めるメリーダ・コラードさん(27)が銃で撃たれ、その場で死亡が確認された。LAPDのマイケル・モーア署長によると、車の衝突音がした後、店内にいた客ら数人が店の外に出てきており、コラードさんもそのうちのひとりだったという。直後に同容疑者が銃を所持したまま店内へと入っていった。
 同容疑者が店内へと逃走した際、警官との間で銃撃戦が起こり、警官のボディーカメラの映像などをもとに検証した結果、コラードさんは容疑者からではなく、警官からの発砲で死亡したことが確認されたという。
 致命傷となった銃弾はコラードさんの腕を貫通し体に当たっていた。
 コラードさんの死因をめぐっては、同容疑者と警官のどちらからの発砲で死亡したのか焦点となっていた。
 同店は捜査のため現在も閉鎖されている。事件現場となった店の前にはコラードさんの冥福を祈りキャンドルや花が手向けられている。インターネット上で寄付を呼び掛ける「ゴーファンドミー」には、コラードさんの葬儀費用を捻出するための寄付が集められており、24日までに3万2千ドル以上が集まった。
 同容疑者は数時間後に投降し、身柄を拘束された。現在殺人罪などで起訴されており、LA郡検察局によると保釈金は900万ドル以上となっている。

Tags

Share.

Leave A Reply