カリフォルニア州北部山火事:同州最悪の犠牲者数に

0

 カリフォルニア州北部ビュート郡で8日に発生した山火事「キャンプ・ファイアー(Camp Fire)」は、今も延焼を続け、13日午後4時までに12万5千エーカーが焼失。住民42人の死亡が確認され、同州で発生した単一の山火事で最悪の犠牲者数となった。【吉田純子】

 山火事はサンフランシスコの北東180マイル(290キロメートル)の場所に位置する人口およそ2万7千人の町パラダイス近郊で発生した。
 加州消防局によると、13日までに住民42人が死亡し、消防隊員3人が負傷。住宅6522棟、商業用の建物260棟が全焼した。今も住宅1万5500棟が火の手にさらされており、周辺住民およそ5万2千人が避難を余儀なくされている。
 現在、5千人以上の消防隊員が消火活動を行っているが、鎮火は30%にとどまっている。
 同郡シェリフ局によると、現在、住民の捜索活動が行われているが、今も228人の行方不明者がおり、死者数は今後さらに増える可能性もあるという。
 同州で発生した単一の山火事の中では、1933年にロサンゼルスのグリフィス・パークで発生し29人が犠牲となった山火事「Griffith Park Fire」がこれまで死者数としては過去最悪だったが、今回の山火事はそれを上回る被害状況となっている。
 一方、加州南部サウザンオークス周辺で8日に発生した山火事「ウールジー・ファイア(Woolsey Fire)」は、13日午後4時までに9万6314エーカーが焼失。住宅435棟が全焼し、住民2人が死亡。今も5万7千棟が火の手にさらされている。
 極度の乾燥と風速40マイルの強風により火の手は瞬く間に拡大。現在消防隊員3500人以上が消火活動にあたっているが鎮火は35%となっている。
 今もマリブ市やカラバサス市の住民には引き続き避難命令が発令されているが、13日朝までにウエストヒルズ、アゴーラヒルズ、オークパーク、サウザンドオークスの一部エリア、カラバサスの一部エリア、ニューベリーパーク、ヒデンヒルズ、ウエストレイク、ベンチュラ郡のベルキャニオンの避難命令は解除され、住民は自宅に帰ることが許可された。
 トランプ大統領は12日夜、加州の要請を受け「大規模災害宣言」を承認。これにより、州や自治体に対し、山火事で被害にあった道路や橋、公共施設などを修復するための支援金が支給される。
 どちらの山火事も出火原因は分かっておらず、現在調査が進められている。

Tags

Share.

Leave A Reply