カリフォルニア州 各地で山火事猛威ふるう:ビュート郡の死者48人に

0

 カリフォルニア州北部ビュート郡で続いている山火事「キャンプ・ファイア(Camp Fire)」で14日までに死者は48人にのぼった。一方、加州南部マリブ近郊で発生した山火事「ウールジー・ファイア(Woolsey Fire)」では焼け跡から新たに1人の遺体が発見され死者は3人となった。13日にはロサンゼルス東部サンバナディーノでも山火事「シエラ・ファイア(Sierra Fire)」が発生。加州各地が山火事の脅威にさらされている。【吉田純子】

 キャンプ・ファイアの延焼面積は13万5千エーカー。これまでに住宅7600棟を含む建物8817棟が全焼。避難所は1385カ所設置され、住民5万2千人が避難している。
 住民が避難した住宅街では窃盗事件が18件報告されており、12、13両日には窃盗事件をおこした男女6人が逮捕された。
 近郊だけでなく他州からの消防隊員も加わり消火活動が行われているが、鎮火は35%にとどまっている。
 一方、加州南部マリブ近郊で発生したウールジー・ファイアは14日までに9万7620エーカーが延焼。これはコロラド州のデンバー市とほぼ同じ面積で、ロサンゼルス郡で過去最大規模の山火事となった。この山火事で14日までに住民3人が死亡。少なくとも483棟が全焼し、86棟が損壊、5万7千棟が今も火の手にさらされている。
 同エリアは高級住宅地としても知られ、多くの著名人の自宅も火の手にさらされた。映画「ハンガーゲーム」に出演した俳優リアム・ヘムズワースのマリブにある自宅も全焼し、13日には自身のツイッターに全焼した自宅の画像を投稿した。
 極度の乾燥と季節風の影響で延焼面積を広げたが、13日から季節風が弱まり、47%が鎮火。加州消防局によると、18日までに鎮火する見込みだという。13日までに一部エリアで避難命令は解除されたが、今も20万人が避難を余儀なくされている。
 一方、サンバナディーノ郡消防局によるとシエラ・ファイアは13日午後10時ころ、同郡フォンタナ市のシエラ・アベニューとリバーサイド・アベニューの交差付近で発生。14日までに147エーカーが焼失したが75%が鎮火した。これまでのところ負傷者や損壊した住宅などは報告されていない。
 ベンチュラ郡で8日から続いている山火事「ヒル・ファイア(Hill Fire)」は14日までに4531エーカーが延焼し建物2棟が全焼したが94%が鎮火した。負傷者などは報告されていない。

Tags

Share.

Leave A Reply