小東京にも朝から有権者の姿:中間選挙、投票所に列

0


小東京タワーズの投票所で投票する有権者

 中間選挙の投票が6日に行われ、各地の投票所には有権者が投票に訪れた。小東京にある小東京タワーズにも朝からたくさんの有権者の姿があり、投票所の入り口には列ができた。【吉田純子、写真も】

 昨年1月に就任したトランプ大統領に対する国民からの初の審判となった今回の中間選挙。投票日の6日までに期日前投票を済ませた有権者は2014年の中間選挙の2100万人をはるかに上回る3800万人以上おり、早くから有権者の関心が高かった。
 6日午前に小東京タワーズの投票所に訪れた小東京在住で帰米2世の高倉和子さんは「これまで選挙があっても投票にはあまり来なかったが今回は『変化』が必要だと思って来た。アメリカは(昨年)1月から何かおかしい。今後の先行きが心配。子どもたちの世代のためにも投票しなければと思った」と話す。戦時中はツールレイク戦時転住所に収容されていた自身の過去も振り返り「移民問題に関しても(政権の政策は)今までとは違う。どうにかならないかと思う」と政権の移民政策にも疑問を呈した。

Tags

Share.

Leave A Reply