悪 夢

0

 何か恐いものに追いかけられたり~とか、仕事に遅れそうになったり~とか、突然髪の毛が抜け落ちたり~とか、へんな夢を見て目が覚めて「ああ恐かった」と汗をふき取る、といった経験を持つ人は結構たくさんいると思う。
 普段のストレスから来るようなこんな夢なら「今日一日、嫌な気分」で済むが、夢を見ている本人が知らないうちに、寝ている間に大声を出したり、手足をばたつかせたり暴れたりすることがあるらしい。
 睡眠というのは通常、レム睡眠とノンレム睡眠に分けられる。このうちレム睡眠は比較的に浅い睡眠状態で、睡眠時間の10~20%と割合では少ない。夢はこのレム睡眠中に見ており、本来体の力は抜けているらしい。
 夢を見ながら暴れる、または悪夢をよく見る人は「レム睡眠行動障害(RBD)」になっている可能性があるという。RBDの場合、暴力的な夢をよく見るようになり、さらに睡眠中にその夢に影響されて実際に大声を出したり、体がしらずしらず反応するようになるという。
 また、ある研究によると、80%近くのRBD患者は十数年内に神経性の病気、パーキンソン病や認知症になる可能性があり、逆にこれらの病気を早期に見つける一助にもなっているらしい。
 これはまだ確証されている訳ではないようだが、レム睡眠を司る細胞群が最初に病気にかかりやすく、そこを中心に全体に広がるという研究結果が、いろいろな科学誌や研究組織に発表されているとか。
 この研究がもう少し進めば認知症などの治療(現在は進行速度を抑えるぐらいしかできない)方法などが確立されるだろう。パーキンソン病やアルツハイマーなどにかかっている本人や家族に朗報がもたらされる日が来るのも近いかもしれない。
 話は変わるが睡眠に関して、寝ている間に短時間呼吸が止まる症状を持つ人がいるが、これもちょっと恐いかなとか思う。
 まじに寝ている間だけでも平和に過ごしたいものだ。【徳永憲治】

Share.

Leave A Reply