カリフォルニア州倫理法人会設立:LA、OC両会を統括し組織拡充

0

倫理研究所USA

カリフォルニア州倫理法人会への認可書と行動旗の授与式。遠藤昭彦事務長(左)と飯田隆初代会長

 倫理研究所USAは、組織の拡充を目的とした「カリフォルニア州倫理法人会」の設立記念式典を10日、トーレンスのダブルツリー・ヒルトンで催した。来米した倫理研究所本部の丸山敏秋理事長が見守る中、飯田隆初代会長が倫理の心と倫理の運動の輪を広げることを誓い、会員ら参列者108人が心を一つにし新たな船出を祝った。

 一般社団法人倫理研究所は「企業に倫理を、職場に心を、家庭に愛を」をスローガンに、日本全国に約6万7千の会員企業を抱える。倫理経営を学び実践し、その輪を広げる活動に取り組んでいる。海外は米国、ブラジル、台湾に活動拠点を置く。南加では週1回早朝の経営者モーニングセミナーと、月1度夜の経営トップセミナーを開いている。

本部から交付された委任状を披露する各役職者

 日本の都道府県倫理法人会に相当するカリフォルニア州倫理法人会の設立に伴い、2016年3月に設立した南カリフォルニア倫理法人会をロサンゼルス倫理法人会と改称し、初代会長に山本明美氏が就任。オレンジカウンティ倫理法人会(17年9月設立、ギラム真理子会長)とともに、南加を盛り上げる。カリフォルニア州倫理法人会は、LA、OC両法人会を統括し、会全体のいっそうの強化を図る。
 設立式典では、倫理研究所本部からカリフォルニア州倫理法人会とLA倫理法人会へそれぞれ認可書と「行動旗」(会の旗)を授与、会の各役職者には委任状が交付され、晴れて発会した。
 倫理研究所本部の伏木久登研究員が祝辞を述べ、南加における倫理法人会の活動が一昨年から順調に展開していることを高く評価した。「飯田会長と山本会長をはじめとする役職者がチームワークよく、各人が個性を存分に発揮している賜物である」とたたえ、いっそうの発展に期待を寄せた。

「全米1万社」という会員増強を掲げた飯田隆会長

 会の新設と会長就任のあいさつに立った飯田会長は、丸山理事長をはじめ日本各地からの理事と地元の会員の参加に謝意を表した。式典の数日前に旧南カリフォルニア倫理法人会としての最後のモーニングセミナーを終え、100回記念とし締めくくったことを誇った。翌日にはロサンゼルス、オレンジカウンティ両倫理法人会合同の「スーパーモーニングセミナー」を催すとし「101回目の記念すべきモーニングセミナーを改めて新たに山本会長の指揮で行う」と、決意を新たにした。
 飯田会長は、一昨年の南カリフォルニア倫理法人会の設立以来、約70社という多くの支援を受けたことを喜び「全米1万社を目指して頑張りたい。決して夢ではない。倫理の運動・輪を広げていきたいと思う」と、目標達成に意欲を示した。二十数年の歴史を持つ倫理研究所USA(1995年設立)だが、米国で初めて設立され長年にわたり地味な活動を継続する「家庭倫理の会」をたたえ「諸先輩のみなさんが、倫理の火をずっと消さずに灯し続けてくれたおかげ」と敬意を表した。倫理の研究について改めて「こんなに素晴らしい学びと活動はないと感じている。一緒に日本の心、倫理の心・運動の輪を広げよう」と呼びかけた。
 丸山理事長が「『心眼』をひらく」と題した記念講演を行った。心眼を開くには「相手をよく見つめること」と強調し、好結果をもたらす次の4点を挙げた。①相手の欠点の考えが変わり、別の感情が働き憎めなくなる。②愛が生まれ、つながりが強まり愛が育まれる③問題解決が早まる。問題の原因を知ることが大事だが、変えるのは自分であり相手を変えることはできない④祈り心が深まる。「祈り」は、自分の願望・欲望が叶う「願い」とは異なる。

「心眼をひらく」と題し記念講演を行う丸山敏秋理事長

 倫理を研究する狙いを「『素直な心』の領域を高めること」と説き、「素直な心を磨くことで見えないものが見える心眼が開け、物事を正しく捉えることができる」と力説。その結果「生きる力が導き出され、最大の気力である感謝の心が高まリ、生かされて『ありがたい』という気持ちが自ずと高まる。心眼を開くと倫理の研究は『軌を一にしている』」と結論付けた。
 倫理法人会は、宗教団体と誤解されることもあるが、「宗教は信仰心があリ、信じるという心の働きにより、いきなり神、仏とつながる。信じるという心がつなげている」と指摘し、宗教法人とは一線を画す。「倫理は信じる必要はない、その通りになるかどうかやってみてほしい」と呼びかけた。
 「先行きの見えない大変動の時代だからこそ、見えない次元・世界が見えるような心眼を開く努力をしたい。自分にとって力になり、また地域、国にも役に立ち力につながる」と力を込め「一人では自分を磨くことはできない。一緒になって磨く学びをしたいと思う」と、協調を訴えた。
 LA倫理法人会の山本会長は、丸山理事長から激励を受け「身の引き締まる思いで、気分を一新して『頑張るぞ』というやる気が沸いてきた」と述べた。会の運営については、経営者で構成する組織をまとめるため「重い責任を感じる」としながら、若い新規会員の獲得に意欲を示した。30年間におよぶ会社経営の経験から「経営には倫理が必要。倫理に則った経営をするために互いに研さんを積み、地元日系社会と日米の発展のために貢献したい」と抱負を述べた。
 式典後は、地元政財界から来賓を招いた祝賀会を開いた。先の中間選挙で再選を果たしたばかりのアル・ムラツチ加州下院議員らが祝辞を贈りカリフォルニア州、LA両倫理法人会の門出を盛大に祝った。
 カリフォルニア州倫理法人会の問い合せはは、メール―
 rinri4U@gmail.com
【永田潤、写真も】

ロサンゼルス倫理法人会への認可書と行動旗の授与式。佐藤昭専任幹事(左)と山本明美会長


カリフォルニア州倫理法人会とロサンゼルス倫理法人会の設立記念式典の参加者

Share.

Leave A Reply