タケイ氏に旭日中綬章:坂本氏は旭日単光章

0

令和元年・春の叙勲

旭日中綬章を受章するヘンリー・H・タケイ氏(左)と旭日単光章が授与される坂本安子氏(右)

 日本政府は5月21日付で、令和元年(2019年)春の叙勲受章者を発表した。在ロサンゼルス¬日本総領事館管轄区域関係者では、ヘンリー・H・タケイ氏に旭日中綬章を、坂本安子氏には旭日単光章がそれぞれ授与される。タケイ氏は歯周病学分野における日米間の学術交流の促進と日本の歯周療法学の発展に寄与し、坂本氏は在留邦人への福祉功労がそれぞれ認められた。両受章者の対日功績を紹介する。

ヘンリー・H・タケイ氏(80歳)
【旭日中綬章】

 ヘンリー・H・タケイ氏は,カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)歯学部歯周療法学科臨床学教授時代の1993年、明海大学と朝日大学に働きかけ、両大学とUCLAの大学間交流プログラムを設立した。同プログラムは、今日では

旭日中綬章を受章するヘンリー・H・タケイ氏

UCLAの常設プログラムになっており、これまでに累計で385人の学生と教員が参加した。同氏は、同プログラムの創設および継続的な関与を通じ、歯科医療分野における学術研究および若手研究者の指導・育成に尽力し、日米間の学術交流の促進に寄与した。
 タケイ氏は、1973年以来、日本のさまざまな組織や大学で講義を行ってきた。東京をはじめとして、埼玉、山形、横浜、福岡、大阪、名古屋、千葉、新潟、神戸、鹿児島、京都など、ほぼ毎年のように講義を行い、2018年までの46年間で、訪日数は50回を超える。これらの講義は、日本全国の数千の歯科医に最先端の教育を与える貴重な機会となり、歯科医療、特に歯周病学やインプラント分野の発展に寄与してきた。
 また、世界で最も広く用いられ、現在の歯周病学の集大成とされる書籍「CARRANZA’S クリニカル・ペリオドントロジー」の4人の編集者の1人であり、共著者でもあり、若手歯科医師必読の書とされている「ペリオ&インプラントセラピー」も執筆している。これら書籍は日本語にも翻訳され、教育の現場で用いられるなど、日本における歯周病教育の発展に大きく貢献してきた。
 タケイ氏は日本人が多く住み働くロサンゼルスの市内中心部に歯科医院を構え、長年にわたって米国内外から来る日本人の患者の対応をしてきた。在留邦人や日系人を含む多くの患者に対し、日本語および英語を用いた歯科治療に従事し、日系コミュニティーの保健・衛生の向上に貢献した。

坂本安子氏(71歳)
【旭日単光章】

 坂本安子氏は1948(昭和23)年に福島県いわき市で生まれ、高校卒業後に上京して働きながら明治学院大学英文学科に通った。卒業後再び、住み込み家庭教師をしながら明治学院大学社会学部に入学し、ケースワーカーになるために社会福祉を学

旭日単光章が授与される坂本安子氏

んだ。卒業後、東京都内の神経内科で、ケースワーカーとして、入院患者や外来患者のケアをした。
 1976年に渡米し、78年から、ロサンゼルスで最初に出来たアジア環太平洋系向けの社会福祉サービス団体であるオリエンタルサービスセンターで、ケースマネジャーとして1年半働いた後、80年に設立されたリトル東京サービスセンターに最初のスタッフとして参加した。同センターで働きながら、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院で勉強して、カリフォルニア州公認心理カウンセラー(LCSW)の資格を取得し、日英バイリンガルのソーシャルワーカーとして、日本語しか話すことができずに当地の福祉を受けられない日系一世の高齢者、新一世の家族の人々に対して、福祉が受けられるようサポートを行い、時には福祉局、警察、裁判所まで直接出かけることもあった。
 坂本氏は、日系ファミリーカウンセリングプログラムなど文化と言語を考慮にいれた数々のプログラムを発展させたほか、市・郡・州や連邦政府からの資金調達、他の団体との協力関係強化、各分野の専門家との連携なども進め、リトル東京サービスセンターが多種多様なサービス・プログラムを提供できるようになる礎を築き、96年に同センターの初代社会福祉部長に就任してからは、その豊富な実務経験と指導力により多くのソーシャルワーカーを監督・育成した。
 退職後は地域社会のウエルネス向上に関わるサービスプロバイダーと共にリーダーシップ、メンターシップ、プロフェッショナル・エンハンスメントやセルフケアなどを目的として「さかもと塾」を発足させ、現在、未来の地域社会のウエルネスにつなげていけるよう活動している。
 36年間にわたり日系社会の精神衛生および社会福祉の発展に大いに貢献した功績が認められ、2018年には、南カリフォルニア大学(USC)内に設立された「カリフォルニア社会福祉功労者ホール」に名前を刻まれる殿堂入りを果たした。

Share.

Leave A Reply