感謝の意を表し敬老表彰:日本文化継承者に奨学金授与

0

OCJAA

敬老表彰を受け記念撮影に納まるシニアと藤田会長(後列左)、三宅名誉会長(前列左)

 オレンジ郡日系協会(OCJAA、藤田貴美子会長)が9月29日、「第33回敬老感謝の集い」をカリフォルニア州立大学フラトン校で行った。およそ380人が参加し、地域社会の日系をリードしてきた世代へ感謝の意を表した。
 太鼓グループ「希望」の力強いパフォーマンスで会が幕を開けると、続くOC童謡キッズクラブが身振り手振りつきでかわいらしい歌声を響かせた。
 藤田会長のあいさつ、来賓祝辞に続き、武藤顕総領事が赴任後初めて同協会員の前に登壇。日系コミュニティーを盛り上げる活動に敬意を表すとともに、イベント開催に祝意を伝えた。

「グーチョキパーで何作ろう」を歌うOC童謡キッズクラブ

 敬老表彰(シニア・シチズン・アワード)では、地域社会に貢献してきた80歳以上の高齢者へ感謝状が贈られた。今年の受賞者は、文谷香恵子さん、クローン年子さん、江本ジャネットさん、福間紀子さん、福間誠間さん、ハービィー沖田勝美さん、平野博さん、神谷満子さん、小島誠子さん、劉博文さん、マクベイ好恵さん、ミラー幸子さん、宮原昌子さん、森昭子さん、今村(練尾)久子さん、鈴木敦子さん、登喜陽子さん、矢崎信夫さん、矢崎由紀子さんの計19人。受賞者代表で今村(練尾)久子さんが謝辞を述べ「これは両親が80歳でもらった賞。自分ももらえて嬉しい」と喜びを表した。

奨学金の授与後、撮影に応じる(左から)今村さん、前川さん、リン・ノさん、藤田会長、奨学金委員長のジョージ三宅さん

 今村さんの両親の名を冠した「練尾日本文化奨学資金」の今年の受賞者は、剣道に邁進する前川峻佑さん・ステファニーさん兄妹に贈られた。峻佑さんは北カリフォルニアの大学に在学中のため出席できなかったが、ステファニーさんが代わりに2人分の奨学金を今村さんより授与された。
 峻佑さんは6歳で、ステファニーさんは5歳で剣道の道場に入門。2018年9月に韓国で開催された世界大会にステファニーさんは米国代表として出場し、ベスト16に。ステファニーさんは「世界大会への出場で大学の授業が1学期分遅れてしまったので、いただいた千ドルの奨学金を授業料に充て、遅れを取り戻したいと思う」と述べ、「本当にありがとうございます」と感謝した。

抹茶コーナーで茶を点てる茶道裏千家淡交会の小泉宗由社中

 一方、5月に行われたOCJAA主催の日本語スピーチコンテストに出場し優勝したハイリン・リン・ノさんにも奨学金が贈られた。同コンテストへの出場は「日本への長期留学経験がなく、日本語を使用する環境に置かれていない」など、厳しい条件を満たさなければならない。奨学金授与に先立ち、優勝のリン・ノさんと2位のジョイ・ルイズ・タハランジットさんが順次登壇し、コンテストで発表したスピーチを披露。二人の熱のこもったスピーチへ客席から盛大な拍手が送られた。
 余興として、茶道裏千家淡交会の小泉宗由社中による抹茶コーナーを会場内に設置。参加者は点前を楽しんだ。社中は着物姿でテーブルを回り、お菓子と点てたばかりの抹茶を高齢者にふるまった。
  舞台ではOCフレンドシップコーラスが美しい声を響かせ、日本舞踊の若久会社中、若柳凛泉と若柳清花が「連獅子」を力強く華やかに舞った。日本民謡の松豊会は持ち前の明るく賑やかな調子で会場を盛り上げ、花井のぶきさん・よなみのりこさんはデュエットで「涙そうそう」「天城越え」を歌い上げた。他にも南加徳島クラブが本場の「阿波踊り」を披露するなど、終始バラエティに富んだエンターテインメントで観る人たちを楽しませた。
 羽根飾り付きの真っ赤なロングドレスを身にまとい、歌謡曲「歌いつづけて」他1曲をエネルギッシュに歌って拍手喝采を浴びたのは、今年83歳の中村恭子さん。「(ダンスをしながら熱唱する)中村さんのステージを見て勇気をもらえた」と学生ボランティアが感嘆するほどのインパクトだった。
 ボランティアとして手伝ったのは、ユニバーシティー高校、ウッドブリッジ高校に通う生徒とジャパンクラブの学生24人、それに一般の約100人。 敬老感謝の集いの成功へ向け一丸となって取り組んだ。
 同団体で名誉会長を務める100歳の三宅明巳さんがあいさつに立ち、「参加したすべての世代の力があったからこそ会が催せた」とし、「サンキュー・ベリー・ベリーマッチ」との力強い声で締めくくった。
 藤田会長は「三宅さんや中村さんというスーパーシニアに盛り上げてもらい、若者に助けられ、ボランティアの協力を得てチームワークで成し遂げたイベント」だと総評した。【麻生美重、写真も】

ハリのある歌声と三味線で会場を魅了する松豊会社中

Share.

Leave A Reply