藤間勘須磨会、50人目の名取:勘須艶さんと勘須恭さん

0

さらなう精進を誓う

Ad

勘須都師(中央奥左)と勘須磨師(同右)に見守られ、名取式で免状を手にするシマハラさん(左)と豊田さん

 日本舞踊の藤間流藤間勘須磨師範が8日、自身にとって49、50人目となる名取式をサンタモニカで催した。新型コロナウイルスまん延の渦中、試験に挑み、見事合格したのは、豊田恵クリスティンさん(モンテベロ)とクリスティーン・シマハラさん(サンタモニカ)。2人はこの日、日本の藤間流家元から届いた名取の免状を授与された。勘須磨師匠の一字をもらい、これから豊田さんは「勘須艶(かんすえん)」、シマハラさんは「勘須恭(かんすきょう)」と名乗る。幼少時から共に稽古に励んだ2人は、藤間流の日本舞踊を窮めるべく、さらに精進することを誓った。

 20歳の豊田さんは、文子アンジーさんとクレイグさん(故人)のもとに生まれ、7歳から踊りを習い始めた。母は藤間流師範で勘須文(かんすあや)の名を持つ。祖母も民謡「寿の会」の会主、井本豊春寿として自ら社中を率いている。ヨチヨチ歩きを始めてからは、日系の各所で開かれる夏のお盆のほとんど全てに出向いたという豊田さん。「シエスタ祭り」を始めとする諸行事や、2018年に日米文化会館で行われた勘須磨師匠の百寿祝いにもシマハラさんと共に舞台に上がってきた。数年前に父を亡くしたが、つらい時期も周囲に支えられ踊りに打ち込んだ。現在はポリテクニック・ヒューチャー・アカデミーでビジネス・マネジメントを専攻中。音楽関係の仕事に就くことを将来の目標にしている。
 19歳のシマハラさんは、日系の父クレイグさんとインドネシア人の母ロレインさんを両親に持つ。日本文化を深く愛する母の勧めにより8歳で日本舞踊の世界に。両親は免状取得に向け励む娘を全力で後押しし、この日もサンタモニカの自宅を提供して名取式を執り行った。高校在学時には米国の親善大使の一人に選ばれ、静岡県富士宮市を訪れたシマハラさん。フランスのノートルダム大聖堂では合唱にも参加した。卒業後はカリフォルニア大学バークレー校に進学し、オンライン授業を受けながらの一年だった。分子環境生物学を専門に学び、薬学の分野へ進む予定だ。

シマハラさん(左)と豊田さん(右)は名取となり、恩師である勘須磨師(中央右)の103歳の誕生日を祝った

 同会の勘須都師範によると、パンデミック以降、勘須磨師匠と2人の、名取試験に向けての道のりは困難を極めたという。対面での指導ができなくなると、稽古を会議システムのズームに切り替えた。2人合わせての稽古はかなわず、自宅で個々に練習を繰り返させるのみ。感染者数の増加がやや収まった夏頃からは、稽古場に透明のシャワーカーテンを引き、ソーシャルディスタンスを取って対面での稽古を再開。以降も感染者数が増えるたびにCDCのガイドラインが変わったが、全員で試行錯誤し続けた。
 当初に名取式を予定していた年明けは、感染者数・死者数共にピークを記録したため諦めざるを得なかった。勘須都師範は「私が弱音を吐くようなことを言っても、おっしょさん(勘須磨師匠)は諦めない。あらゆる手を尽くそうと考え抜く」と振り返る。2人は課題曲「清元『名寄の寿』」を踊る様子を動画に収め、勘須磨師はそれを入念にチェック。その後、実技試験を師匠の立会いで行い、筆記試験も踏まえて合格となった。正規の試験とは大きく異なったものの、宗家の理解を得て全てを完了した。
 やがてワクチン接種が広まり、全員が2回目の接種を終わらせると、ようやく名取式を行えるという空気が漂い始めた。勘須磨師の103歳の誕生日の前日に名取式を設定したものの、日本から船便で送られた免状が式の2、3日前まで届かず勘須都師範はヒヤヒヤし通しだったと言う。
 名取式では形式として三々九度を行うが、コロナ禍において杯を回す行為は危険なため、宗家の許可を取り省略することに。また、師匠は起立して免状を渡すのが通例だが、勘須磨師が高齢のため着席したままで行われた。新名取の2人は、薄紫色と薄緑色の着物に黒の帯を締め、宗家からの免状を手に充実した表情で記念撮影に臨んだ。
 豊田さんは羅府新報のインタビューに答え、次のように述べた。「17歳で名取を取得した母のように、私も名取を頂くことを目標に稽古に励んできた。それを達成した今は、これからが始まりという気持ちでいる。コロナ禍で思うように稽古ができず、とても時間がかかったし、正規の方法で試験が受けられなかった。それは仕方がないと思うしかないが、全ては何物にも変えられない貴重な体験だった。勘須磨師匠からは踊りに限らず、生きる上で大切なたくさんのことを学んだ。私とクリスティーンは103歳の師匠について稽古を重ね、宗家からのお免状を頂いた。本当にすばらしい気持ちでいる」
 日本舞踊の名取とは、踊りだけでなく日舞に関する知識や作法なども身に付けているという証しで、平均で5年から10年程度の期間、真剣に稽古を積まなければ取得できない。今回、勘須磨師は50人目の名取を門下より輩出した。勘須都師によると「米国で50人の名取を出したという話は他に聞かない」。1人の名取を育てる期間の長さと日本以外の土地であること、さらにはパンデミックの状況下という不利益、これらをかんがみれば、50という数字への到達がいかに難しいかが分かる。103歳という年齢においてこれを成すバイタリティー。6月12日からまた勘須磨会の稽古が再開されるという。おっしょさんの「ハイッ、ハイッ」という掛け声が響く日も近い。【麻生美重、写真=トーヨー・ミヤタケ・スタジオ】

Share.

Leave A Reply