0

サンタクラリタの高校で銃撃事件:容疑者の日系男子生徒、自殺図り15日に死亡

  ロサンゼルス郡北部サンタクラリタにあるソーガス高校で14日、銃撃事件が発生し、生徒2人が死亡、3人が負傷した。容疑者は同校に通う16歳の日系男子生徒で、銃撃後、自身の頭部を銃で撃ち自殺を図った。その後、病院に搬送されたが15日午後3時32分に死亡が確認された。 事件が発生した日は同容疑者の16歳の誕生日だった。LA郡シェリフ局によると、最期の時は母親がそばで見守ったという。

0

サンタクラリタの高校で銃撃事件:容疑者の日系男子生徒、自殺図り15日に死亡

  ロサンゼルス郡北部サンタクラリタにあるソーガス高校で14日、銃撃事件が発生し、生徒2人が死亡、3人が負傷した。容疑者は同校に通う16歳の日系男子生徒で、銃撃後、自身の頭部を銃で撃ち自殺を図った。その後、病院に搬送されたが15日午後3時32分に死亡が確認された。 事件が発生した日は同容疑者の16歳の誕生日だった。LA郡シェリフ局によると、最期の時は母親がそばで見守ったという。

0

日系被爆者たちの声、心の傷跡【第2部】:核兵器廃絶訴え、平和への思い次の世代へ

広島と長崎、原爆犠牲者の追悼法要  「それは美しい夏の日の朝でした。74年前の8月6日、当時7歳だった私は2歳年上の兄とともに、爆心地から約0・6マイル(およそ1キロ)の場所で被爆しました」。小東京の高野山別院で4日に行われた記念法要にゲストスピーカーとして出席していた日系3世のハワード蠣田(かきた)さん(81)は、自らの被爆体験を当地の人々に伝える。核兵器廃絶を訴え、平和への思いを次の世代に語り継ぐ蠣田さんの被爆体験を聞いた。【吉田純子、写真も】

0

135社、来場者2700人が商談に熱:MTC、経営と環境の「無駄ゼロ」提案

 日本食卸売の「Mutual Trading Co.(MTC・本社ロサンゼルス、大畑正敏社長、山本耕生会長)」は業界関係者を対象にした第31回「日本食とレストランエキスポ」を9月28日、パサデナのコンベンションセンターで開催した。日本国外で最古にして最大の規模を誇る日本食の見本市に国内外から参加した135社が、2677人の来場者を相手に自社の商品の売り込みや商談に熱を入れた。

0

鈴木弘子「最後の戦い」へ:闘志尽きるまで

 米女子プロアメリカンフットボール「WNFC(Women’s National Football Conference)」の第8週が25日、全米各所で行われた。鈴木弘子が所属するサンディエゴ・レバリオンは、サンディエゴ・サージをホームのバルボア・スタジアムに迎え戦い、27―47で敗れた。今季3敗目(2勝)を喫したチームは、自力プレーオフ進出のチャンスを失った。

Nor Cal News
Life & Arts
0

Holiday Trunk Show at JANM

Just in time for holiday splurges, come to the Japanese American National Museum, 100 N. Central Ave., Little Tokyo, on…